ルンルの会
不安感が
無い人の役割

ホームページTOPへ

輪廻転生画像
 最近、出会う人達に
元気がありません。

 仕入先の営業マンや経営者は口を揃えて景気の先行きに対する不安を訴えます。仕事以外で出会う人たちは健康の不安を口にします。倒産したり、40代や50代で亡くなる方を日々目の当りにすると他人事ではないと言う心理がはたらくようです。  

 自分の中に同じものがあるからその様な人達に出会うのだと言う見方もありますが、三次元の付き合いを普通にしていると、今の風潮に右往左往している人達との出会いが多くなります。ある程度精神世界の学びをやっていると、少しは人にアドバイスできるものが身についているかなと考えました。
  自分が体験した実例をあげて、宇宙の仕組みはこんな風になっているみたいですよと告げることは少しは役に立つかもしれません。

 相手がどう受け止めるかはこちらの責任ではありません。押し付けたり説得したら変な宗教と受け止められますから逆効果です。逆に神頼みですぐに飛びついてくる人が増えてきましたので慎重さも必要です。どちらにしても自分の家族や社員を安心させられないうちは人に何を言っても伝わらないと思っています。

 と偉そうな事を言っても自分は何を伝える事ができるのだろうか?と考えたら、「宇宙の真理等と言うものは誰にも分からない」と言う事が分かっただけです。だから会話の中で「絶対」という言葉は使わなくなりました。強いて絶対と言えるのは、生まれたら死ぬと言う事ぐらいですから。歴史も報道も、いわんや学者やチャネラーの伝えるものは最終的には個人の主観に基づいているものですから、それらを参考にする等して一人一人が自分なりに何かを見つけるしかないですものね。

 最初の命題に戻れば、不安を持っている人には自分が楽になった方便を上手に伝えると言うことです。最近気付いた事があります。LSDやボディワーク等の手段で脳の研究をしているレポートの中で、出生時に受けるトラウマについて言及されています。子宮という暖かく優しい環境から、いきなり過酷な外界に放り出される体験はその後の人生に大きな影響を与える事が明らかになっています。  

  それは様々な社会現象に反映され戦争その他の極端な出来事にも色濃く反映されると言う事です。生まれると言う事がその様なものであれば、死は全く逆の現象かもしれないと気が付きました。 死と臨死体験は別物であると言う事も分かってきましたが、本当に死ぬと言う事は子宮に回帰するような出来事なのかもしれません。
 それは受精直後でまだ脳が形成されていない段階の、夢も見ない深い眠りのような状態かもしれません。そこでは個としての意識は完全に消えうせている事でしょう。

  但し個としての自我は無くなっても、死者が生前体験したものは情報エネルギーとして何らかの形で残るのではないでしょうか。 強弱の差はあるでしょうが) 情報エネルギーが時空を越えて伝播する事は、宮崎の幸島で一匹の猿が学習した事が全国に広がった事例でも証明されています。
(これについては、或る作家の思い込みだったようですが)
 輪廻転生と言われるものは、その様なエネルギーにたまたま共振した時に起こるのかもしれません。 「私はキリストだ」とか釈迦の生まれ変わりだと言って教祖になってしまう人もいますが、あくまでコピーに過ぎない事に気が付かないとつまらない人生を送ってしまうかもしれません。つまる、つまらないは主観的なものですから、はたからとやかく言うこともないでしょうけどね・・・スタニスラフ・グロフ「脳を越えて」春秋社がヒントになりました。
 (以上ホームページ管理者の私見です)

メニューに戻る

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail