ルンルの会で多くの会員が実践している速読を超える速読法サイバーリーディングの 自習法「パラパラ瞑想法」に適した本をご紹介します。

ルンルの会:
植原先生と百冊の本

ルンルの会の速読法るん・るは参加者の潜在能力を解き放ち、必要な答えが瞬時に分かるようになります。

植原先生と本棚
『植原先生と百冊の本』
挙げた根拠は植原先生が読んで面白かったと言う単純な理由です。
「在る」を説いたブッダを唯物論者とする植原先生は、まず「考える」ことを考えます。
弁証法ほかエンゲルスの基本的著書を読み直し、ディーツゲンの著書を勧めます。
推理小説もまた考える力を養うという意味でお勧めです。先生と一緒に読んでみましょう。
「ブッダの言葉」中村元訳 岩波文庫
「ブッダ最後の旅」中村元訳 岩波文庫
「魔訶止観」上下 岩波文庫(絶版)
「意識と本質」井筒俊彦 岩波文庫
「意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
井筒俊彦 中央公論社
「学問のすすめ」福沢諭吉 岩波文庫
「文明論の概略」福沢諭吉 岩波文庫
「漱石文明論集」三好行雄 岩波文庫
「天災は忘れたころにやってくる」
寺田寅彦随筆集 
「柿の種」寺田寅彦 岩波文庫
「シッダールタ」ヘッセ 新潮文庫
「人間の頭脳活動の本質」ディーツゲン
 岩波文庫(絶版)
ネット上で文章を公開しているサイトが有ります
「自然の弁証法(抄)」エンゲルス 新日本出版社
「フォイエルバッハ論」エンゲルス 新日本出版社
「空想から科学へ」エンゲルス 新日本出版社
「仮説実験授業と認識の理論」庄司和晃 仮説社
「脳の方程式 ぷらす・あるふぁ」
中田力 紀伊国屋書店
「オートポイエーシス」
H.R.マトゥラーナ 河本英夫 国文社
「バーガーの娘」(1)(2)ナディン・ゴーディマ
みすず書房
「太陽と鉄」三島由紀夫 中央公論社
「日本の黒い霧」松本清張(文春文庫上・下)
文藝春秋
「ラモ―の甥」ドニ・ディドロ(絶版)
「樽」F・W・クロフツ 東京創元社
「少女パレアナ」エレナ・ポーター 角川書店 
「指輪物語」トールキン 指輪物語 全9巻セット
(文庫) 評論社他
「モルグ街の殺人事件」
エドガー・アラン・ポー 新潮文庫他
「盗まれた手紙」
エドガー・アラン・ポー ポオ小説全集 4
創元推理文庫他
「オリエント急行殺人事件」
アガサ・クリスティ 講談社 青い鳥文庫他
アンデルセン
グリム
イソップ
樋口一葉
日本昔話

京都ルンルに参加している会員Aさんから投稿です
植原先生と一緒に読む百冊の本・武道編
『武道の理論』南郷継正(三一新書)
植原先生によれば、カラテをやっても強くなれない大部分の普通の人達でも、なんとかして強くなれる方法を説いた本です。現在の相撲部屋のいじめやしごきについても、だいぶ以前から予言しているそうです。分かりやすいサイトがありましたので、紹介しておきます。
http://d.hatena.ne.jp/khideaki/20070929/1191073558
なお、柔道の田村(谷)亮子選手が、稽古に出られない状況があっても技が衰えないのは、徹底的に形(型)をやって身についているからだそうです。
『日本の弓術』オイゲン=ヘリゲル(岩波文庫)
日本の弓道は西洋とは違って、まず道場の入り方から挨拶の仕方、作法などを学んで、初心者は見取り稽古を重視します。それが数年?続いていきなり四段の審査を受験しても、ちゃんと受かると、いうお話しがありました。日本の伝統的な稽古事の教育システムについて、再考を促されます。
『名人伝』中島 敦
(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/card621.html
上記の弓道のお話しのときに、弓術の名人のエピソードが挙がりました。青空文庫に収録されていますので、インターネットを通じて読むことができます。
京都ルンルで以前に話が出た本を追加します。
「風の王国」 新潮文庫  五木 寛之 (著)
新潮社 ¥740
「11分間」パウロ・コエーリョ(著) 旦 敬介(訳),
角川書店 ¥1,680・・・
この本の推薦は会員から賛否両論が出ました!!

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail