代替療法利用の
ガイドブック?

ホームページTOPへ

手引き1
手引き2
手引き3
日本経済新聞2006年6月26日の記事のコピー
いっぱいひっかかる
部分があります!

 癌に本当に効果があるサプリメントが出てきたら、薬事法違反と言う伝家の宝刀を振りかざして抹殺してきた側から出されたガイドブックを素直に認めるには抵抗があります。
とりあえずガイドブックがPDFファイルでダウンロードできるサイトです。

主治医に相談したら
どうなる?

 切る事と放射線を当てる事と抗がん剤が絶対だと教えられてきた主治医に相談したら、いったいどんな代替療法を薦めてくれるのでしょう?

抗がん剤や放射線治療
の効果を弱めたり・・・・・ん?

 従来の治療で治らないから代替療法を模索しているのに、効果が有ると言う前提でものを考えている方達がどんなガイドブックを作れるのでしょう?

ガイドブックを読んで自分で
判断できるのでしょうか?

 その気にならないのでガイドブックを読まずにこの文章を書いています。つい先日、本当に効果があって、今も色々な場面で使っているサプリメントを警察とマスコミを使って徹底的に叩いたのを目の当たりにしたので、今回のガイドブックが作成された意図を善意のものと受け止める事はできません。読めばますます自分では判断できなくなると思うのです。

確かにインチキな
商品もあります。

 藁をもすがる思いの患者の弱みに付け込んで、金を騙し取る目的の物も確かにあります。それを口実に、本当に効果の有る物を抹殺してきた経緯があります。当方が知っている情報が全て正しいかどうか、全ての症状に効果があるのかどうかは分かりませんが、少なくともガイドブックでは全て否定されるようなものばかりである事は間違いないでしょう。

お話ページ

Home お話頁 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 mail