ルンルの会:
青森豪雪ルンルレポート

ホームページTOPへ

外は雪、中はポカポカ暖かい
るん・る会場は布団が敷きっぱなし
ルンル以外でも
楽しめました

 スキー、ソリ滑り、除雪機の運転、靴や鮮魚の買い物・・・みんな世話人夫妻の心遣いのお陰で実現しました。お陰でキュウリ魚、鮫のハラスという珍しくて美味しい物に巡り会う事ができました。
  鮫はアンモニア臭くて食えたもんじゃないと言う思い込みはガラガラと崩れました。

参加者どおしで情報交換
ができました

 植原先生と参加者の会話がルンルの全てと思っていましたが、今回は参加者からいっぱい学ばせていただきました。みんな個として生まれて、会場で顔を合わせるまでに様々な体験や学びをしてきたのです
から、互いに学びあえるものが無限にあるのは当たり前なのに、今まで気付きませんでした。

会場がルンル
にぴったり

 るん・るの部屋と温泉と食事の場所がくっ付いていたので、実にスムーズにお喋りの輪が出来ました。布団も敷きっぱなしなので参加者全員が好き勝手に行動しながらいつの間にか話しの輪が出来ていました。

青森では窓にカーテン
がありません

 暗くなれば寝て、窓から朝日が差し込めば起きる、とても健康的な生活を送る事ができました(電気代の節約にもなります)。
窓に目をやれば外が何時も観えています・・・雪景色が最高でした!!

終わってからも参加者どおし
のやりとりで盛り上がる

 今回ほど帰宅後にメールや手紙やプレゼントのやりとりがあったお出かけルンルは初めてです。全ては受け入れ側の心配りのお陰です。ルンルさえ受けさせれば世話人の責任は果たしたと思い込みがちですが、大人の心配りでこんなに充実した時間が過ごせるとは目からウロコがポロリです。皆さん本当にありがとうございました。

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail