ルンルの会では、速読を超える速読法サイバーリーディングの自習法として本を使うパラパラ瞑想法をお勧めしています。|パラパラ瞑想法

ルンルの会:
パラパラ瞑想法

ルンルの会の速読法るん・るは参加者の潜在能力を解き放ち、必要な答えが瞬時に分かるようになります。

話す植原先生 マーカーで着色した本
パラパラを実践する意味
 植原先生から 聞いた話を元に考えた当方の見解です。パラパラには脳の演算能力を飛躍的に高めるスイッチの役割りがあるのかもしれません。煮詰まった状態で、或る瞬間に突然脳のCPUが恐ろしい速さで演算を始めると言う事ですが、そのきっかけになるのかもしれません。ルンルに参加する機会がなかなか無い方も、試しにパラパラを実践してルンル効果をご自身でお確かめ下さい 。気分の赴くまま何時間続けても問題ありません。

新しいバージョンが紹介されました
その前に従来のバージョンのおさらいをします。
写真の下の部分
バージョン1
◎360頁以上あるお好みの文庫本、ピンクライトブルーの蛍光マーカーを用意します。
◎ 18枚毎に色無し、ピンク、ライトブルーの順番で1.5〜2cmの巾で着色します。
◎左右どちらからでも良いのですが親指から始まって小指までを使って順番にパラパラとめくります。
右手で本を持って左手の指でパラパラしたら、次に左手に本を持ちかえて右手の指でパラパラします。
但しどちらかだけの方が良いと感じたら気分が変わるまで片方の指だけでも、親指だけでもOKです。
◎気分に合わせて速さは自由ですが、最後に全ページを1秒でパラパラします。
◎最初は見ながらパラパラしたら良いのですが、慣れたら見ないでやっても効果は有ります。つまり真っ暗な中でもOKと言うことです。
バージョン2
写真の上の部分
◎1枚から始まって倍々で枚数を増やして行きます。
つまり1枚2枚4枚8枚16枚32枚64枚128枚256枚後はあるだけとなります。色の順は色無し、ピンク、水色と変わりはありません。
◎パラパラする方法・・・・・1色1秒が基本です。
1 枚1秒・・2枚1秒・・・4枚1秒・・・8枚1秒・・・16枚1秒
32枚1秒・・64枚1秒・・・128枚1秒・・・256枚1秒・・・
一冊1秒、つまり10秒の間に次第に早くする訳です。
後は1冊1秒を好きなだけ繰り返します。
◎マーカーを塗り始めるのは右からでも左からでも自分がやり易いと思う方からで良いと言う事です。

ルンル会員が良く使っている本
摩訶止観 上
―禅の思想原理(1)
岩波文庫 青 309-1(文庫)
関口 真大 (著) 386ページ摩訶止観 下
―禅の思想原理(2)
岩波文庫 青 309-2(文庫)
関口 真大 (著) 389ページ
上記の2冊を貼り合わせて使用
・・・但し絶版・再販未定
意識と本質
―精神的東洋を索めて 岩波文庫 (文庫)
井筒 俊彦 (著) 417ページ¥840 (税込)
・・写真の本です。
ブッダのことば
―スッタニパータ 岩波文庫 (文庫)
中村 元 (翻訳) 453ページ ¥903(税込)
サンスクリット語で書かれた本が入手できたら「面白いですよ」と以前に先生が話しておられました。つまり健在意識では理解できない本でもOKということです。

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail