学者やメディアが推奨するものは本当に良いのでしょうか、違法なものは本当に悪いのでしょうか

酒をやめて煙草にすれば
〜常識を見直す〜

ホームページTOPへ

ドラッグの有害度グラフ
 これはイギリス政府の元主任薬物アドバイザーであったDavid Nutt教授がほかの研究者と共同執筆したレポートで、20種類のドラッグを16の基準によって、ドラッグ使用者と社会への有害度で示したものです。元記事へのリンク
 アルコールがダントツの一位です、Cannabis(大麻)がTobacco(煙草)よりも本人に 与える影響が少ないと言う事実は興味深いですね。面白いのはLSDです、周りにも本人にも殆ど悪影響を及ぼさないのに、抹殺された理由は何だったのか興味深いです。

 少し調べたら、日本では47年前にLSDは麻薬になっていました。

 47年前は、始めたばかりのスキューバダイビングに夢中でLSDは興味の外でした。

 この表から読み解けるのは、人を破滅させる麻薬だと脅されてきた様々なドラッグの有害度は意外と低く、逆にテレビで好感度の高いタレントがにこやかに勧めるアルコールが最も危険なドラッグだと言う事実です。この事に限らず、私達が刷り込まれた常識は、真実とは真逆な場合が多々有るのかもしれません。

 ※酒とTobacco意外は全て違法ドラッグです!!・・・オリンピックが近づけばTobaccoも 違法ドラッグ扱いされそうな流れです。長女のいるカナダではCannabisが解禁されています。

 「酒は少量でも脳に影響」英オックスフォード大による研究の衝撃・・・と言う記事を読んで、酒をやめて煙草を喫えば、老人問題の多くが解決するのではないか、等と考えています。

 トラブルで時間待ちをしている搭乗機の中で 「 大空と大地の中で」を歌って、搭乗者の心を鎮めた松山千春は、数十年前 に酒か煙草か女のどれか一つを諦めるようにとプロデューサー(故人)に言われて、酒を捨てました。

  今回の研究発表で、適正量の飲酒は心身の健康に良いと言う通説は、幻想に過ぎない事が判明しました。  

 私は周りの人達に酒好きで知られていました、ところが三女がビールが原因で車いす生活になり、アルコールの危険性に気付き断酒しました。

 但し、 私自身ビールを大瓶2〜3本飲んでから空気タンクを背負って夜中に一人で海に潜るような事をしていましたので、全ての人に断酒を勧めている訳ではありません。還暦を過ぎて人として意識レベルが上昇する年代になると、アルコールの分解能力は確実に下がりますので、惰性で若い頃と同じような飲み方をしていると、脳梗塞やアルツハイマーになりますよと警告させていただきます。
パイプ煙草とシガー
酒をやめて煙草を喫うのならパイプ煙草がお薦め
  パイプ煙草、葉巻、スリムシガー等は紙巻き煙草と違って煙を肺に吸い込みません。口腔内の粘膜からニコチンを吸収する喫煙方法です。 紙巻き煙草よりも安上がりで、香りや味は大変バラエティに富んでいます。紙巻き煙草と違い、燃焼促進剤等の有害な化学薬品類は添加されていません。

本当に健康に寄与するのは生命の起源である海  

 最近、スポーツが必ずしも健康増進に繋がらないと発言する人が増えています。ジョギングの提唱者ジム・フィックスがジョギング中に、心筋梗塞を起こして52歳で急死したのがきっかけになっているようです。

 逆にスキューバダイビング仲間は、病気にもならず皆元気です。  

 海女さんが幾つになっても元気な事と共通する何かが働いているのかもしれません。長時間海水に身体を浸ける事のプラス要因を研究すれば、陸上で走り回るよりもはるかに健康増進に役立つと思います。

  認識不足でした、フランスの生理学者ルネ・カントンが海水を使った驚くべき治療法を開発していました。多くの人が知る前に研究成果は抹殺されてしまったようです。  

 海水で強化された私の遺伝子が4人の子供と、8人の孫に受け継がれた事は超ラッキーだと今になって気付きました。

 子作りに励んでいた頃の私は、1年を通じて休日には数時間海の底にいました。日曜日に父親は居ないものと、我が子達は認識していたと思います・・・真冬でも潜るのが30年程続きました。

 タラソテラピーと言う療法があります、名称は知っていましたが海洋療法とは知りませんでした。古来より海水の健康増進効果は知られていましたが、ルネ・カントンの研究がきっかけになってヨーロッパを中心に一挙に普及したと言う事で、三重県の志摩ではタラソテラピー専門のホテルまであります。全く知りませんでした!!・・・但し、年に数回タラソテラピーを体験する程度で効果は期待できないと思います。

 ルネ・カントンは血管から海水を注入すると言う荒っぽい方法で効果をあげましたが、皮膚から吸収する場合は、月に複数回海に浸かる行為を10年以上継続しないと目立った効果は出ないと思います。

 様々な健康法に飛びつく人は大勢いますが、長期間続けないと効果が出ないものが殆んどです。テレビで誰かが喋ればスーパーの棚から商品が消えたり、長蛇の列が出来たりしますが、半年〜1年もすれば殆どの人が忘れてしまいます。

メニューヘ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail