アフター・ルンルの話題@
ガンになる原因は何か?

ホームページTOPへ

「ガンになる原因は2つしかない」という、仮説についてのお話です。
(免責)お約束ですが、「健康法」に関する記述は、ガンや病気の「治療法」については述べていません。

すでに疾患や何らかの症状があるかたは、医師の診察を受けてください。あくまで仮説ですので、以下の記述の解釈は、ご自分の判断と責任で行ってください。

1、ガンの原因は、「プロピルアルコール」と「肥大吸虫」の2つである。

2、「プロピルアルコール」とは、おもにシャンプーやボディーソープ、化粧品などに入っている。

3、「肥大吸虫」は寄生虫の一種で、人体にもいて、ペットなどから寄生することが多い。

4、「プロピルアルコール」が体内に入ると「肥大吸虫」のタマゴが大量に割れ、一気に孵化する。

5、なんとなく体の調子が悪い場合など、原因は静電気によるところが大きい。静電気は、おもに体脂肪や体内の寄生虫に蓄積されていて、常に体内電流の流れを乱している。

6、「プロピルアルコール」対策として、頭髪や体を洗うときは石鹸を使うとよい。寄生虫は、蓬(ヨモギ)の匂いが大好きなので、蓬を摂取すると便と一緒に体外へと出ようとする。ときどき、ぬるめの蓬風呂に30分ほどゆっくり浸かるとよい、蓬の量は好みでよい。

以上ですが、インターネットで詳しい記述が見つかりました。なお、個々のサイトからはリンクの許可をもらっていないため、上位にきた検索結果を記載します。

「プロピルアルコール」.
「肥大吸虫」.
ガン 肥大吸虫 プロピルアルコール.
『笹川英資 『ガンは寄生虫が原因だった』 転載

A氏TOP

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail