くいあらためましょう

誕生日に植原先生から届いた手紙
2006年9月

ホームページTOPへ

解説書
三女が肝臓を傷めて帰ってきました
 この手紙が届く前の日に、一人暮らしをしていた娘が帰ってきました。歩きにくいので病院に行ったら、肝炎で入院するように言われたとのこと。総合病院に入院したら検査漬け、薬漬けで完全な病人にされる事は目に見えています。
 すぐに高次元医学を取り入れた治療をされている京都伏見の堀田医院に妻が連れて行きました。入院が必要な状態だが自宅療養できるようにしましょうと漢方薬を出していただいたり、食事指導や心理的要因の改善、遠隔治療等と通常の医者にはできない治療を色々と施してくださいました。

植原先生が食に付いて言われている事も参考にします
 るん・るの中休みの時間と、アフタールンルで食についての具体的な話がよくでます。マーガリンについては、「小岩井農場のマーガリンだけは安全」と言う話を聞いてすぐに 生協に買いに行きました。少し高いのですが、とても美味しいのです!!
 それ以来パン食の時は小岩井製品ばかりです。暗示で美味しいと感じるのかとも考えましたが、継続して使っていると雪印等とは確かに違うのが分かります。

亜麻仁油はにおいがどうも・・・
 オメガ3の油については亜麻仁油を推薦されるので通販で3本入手したのですが 一本目でリタイアしました。とうてい美味しいとは言えない味とにおいで、そのにおいが鼻につくようになると足の裏に塗っても何だか嫌で、良いと薦められても合わないものはありますね。

生きている水に関してはうちは心配要りません
 縄文時代から人々が使ってきた地下水で生活しています。リーディングができる、あるお医者さん(堀田先生とは別)にうちの水を“みて頂いたら” 緩やかに右回転しているとても良い水だとお墨付きをいただきました。サントリーの缶コーヒー「BOSS」もこの水を使っていますが砂糖や様々なものを入れていますので、生で飲んでいる我が家の方が水は生きています。三女が肝臓を傷めた原因の一つとしてマンションの水について堀田先生が指摘されました。植原先生は京都に来た時の常宿にしておられるホテルの蛇口に簡単なフィルターを付けた水をペットボトルに入れて飲んでおられますが、娘が暮らしていたマンションの貯水タンクがどんな状態になっているかは知る由も有りません。

豆腐は内臓を固くする
 大豆のたんぱく質を固めるニガリは内臓も固くする・・・言われてみれば最もな話です。  三女が「冷奴が好きなのに」と悲しそうに言いますので、過度に食べなければ良いと思うよと答えたらすぐ後にこの手紙が届きました。

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail