プロダクトキーの怪

ホームページTOPへ

コスモスの花ズーム
バイオが壊れた
 娘が使っているディスクトップのSONYバイオが突然壊れてデーターを保存する事もリカバリーもできない状態になりました。ウインドウズXPが発売される直前のMEで、バージョンアップが保障されていて購入半年後ぐらいに8000円払い込んでXPへのUPセットを受け取りました。それから3年経って突然ハードディスクがクラッシュしたわけです。幸いJoshinの5年保障をつけていたので修理代はかかりません。

プロダクトキーが分からない!!
 帰ってきたらすぐに作業にかかれるようにとリカバリーとバージョンUP用のCD-Rを準備していてある事に気が付きました・・・バージョンUPウィンドウズXPのプロダクトキーの資料が見当たらない!!
 あわててJoshinに電話をかけると「SONYに問い合わせましたが再発行はできません、他に方法が無いか調べてみます」との事。

まずは一安心
  次の日に「SONYから連絡がありました、バージョンUPなのでプロダクトキー は元のMEのものでOKです」とJoshinからの電話です。2週間かかると言う話が1週間後に「修理ができました」と連絡が来て色々と電話したので早かったのかなと少し得した気分です。

約束が違うじゃないか (;`O´)o
 夕食後すぐに本体にディスプレー等を取り付けて作業開始です。SONYが入れたウィンドーズMEのプロダクトキーが分からないので再度リカバリーをしてからバージョンUPを始めました。プロダクトキーを打ち込む画面になったのでMEのものを打ち込むと
シリアルナンバーが違います」と表示が出て先に進めません。幸い製品版のウィンドウズXPホームエディションOSを持っていたので、それと入れ替えて、同じ画面になったので正規のナンバーを打ち込みましたが又「シリアルナンバーが違います」とはねられました。バージョンUPの途中からは製品版のOSは使えないようです。

頭からウィンドウズXPで
リカバリーすると不具合が??

 修理期間中に「製品版のウィンドウズXPホームエディションOSを持っているから最初からそれを入れても良いか」とJoshinに問い合わせたところ「SONYからの返事でCDやDVDドライブを認識しなくなるかもしれません」と聞かされていたので、その手も使えません。!!

ひょっとしたら!
 いまさらMEには戻れないし・・・そこでふと閃いたのが・・・同時期に購入した米国D社のノートパソコンの裏に貼り付けられたプロダクトキーです。
( るん・るを長く続ける内に何の脈絡もなくヒントが閃くようになりました)

やったー!!
 これはいけると言う確信に近いものを感じながら丁寧に打ち込みました。
 大正解!!
 それからの作業はスムーズでした。
(登録作業も問題なく進み、固有のIDもちゃんと割り当てられました)
 何があっても再発行はできないというウィンドウズのプロダクトキーとはいったい何なんでしょう?
 パソコンに詳しい人ほどOSのプロダクトキーを失ったら打つ手が無いと思い込んでいるようです。試しにOSのプロダクトキーが分からなくなった場合で検索すると・・・どうしたらよいのかと言う質問に対して・・・「だからウィンドウズPCのユーザーは程度が低い。失う方が悪いのであって再発行されないのは常識」と厳しい回答でした。

参考資料
プロダクトアクティベーションとは、不正コピーを防ぐために、WindowsOSに付加された機能だ。パソコンの部品構成をチェックし、固有のIDやOSのシリアルナンバーを登録することで、同じWindowsのCD-ROMで複数のパソコンにインストールされないように識別する。プロダクトアクティベーションは、最初にWindowsをインストールしたときに実行され、インターネット経由もしくは電話窓口で固有のIDがパソコンに与えられる。

インターネット経由であれば、自動的にIDがパソコンに登録されるが、電話窓口では、OSのシリアルナンバー(CD-ROMに記載の番号)を伝えてから、44桁のIDを聞き出すことになる。そして、このIDを自分でWindowsに登録すると、プロダクトアクティベーションが完了する仕組みだ。

 なお、インストールから30日を過ぎてもIDの登録作業が行われないと、プロダクトアクティベーションの認証以外の操作ができなくなる。初めから Windowsがインストールされているパソコンでは、すでにIDが登録済みとなっているものが多く、プロダクトアクティベーションは不要だ。
ネットサーフィンで見つけた面白いレポートを転記します・・・
 それでもなんとか、整理を進める事ができまして、一つのCDを発見しました。Win XPのCD。パッケージの表には販売会社の注意ラベルが貼り付けられており、こう書いてあります。

 「OSのプロダクトキーを紛失されるお客さまが増えております。
 OSのプロダクトキーを紛失されますと・・・」

 まぁ、再発行はできないですね。そりゃ当然だ。大体無くす方が悪い!! OS再インストールなんてする時に「あっ!!」って気が付くんだろうけど、私に言わせれば「管理がなっていないねー」(当社某上司の殺し文句)

 大体ね、パッケージ開けるときにきちんとね、保管しておくのが普通かと・・・ゴソゴソ・・・・。

 ん? あ、あれ?

 「あっ!!」

 な、ないー!! プロダクトキーのシールが貼ってあったであろう場所のビニールだけきれいに切り取られてる!!!
 その後、1時間にも渡る捜索活動にも関わらず、プロダクトキーのシールは発見されず。? 「OS壊れたら、OSごと買い直さなきゃならないのか・・・」 と深いため息をつきながら、椅子に腰を下ろしふと横に置いてあるPCの横を見ると・・・。

「あっ!!」

 なんだってケースに貼ってるんだよおおおおおおおう。当時なくしちゃいけないね、とケースに貼っておこうとしていた姿が徐々に鮮明になる瞬間であった・・・。


XPをWin7に無料で
アップグレイドするには

 メーカーを問わず、パソコン購入時に付いてくるOEMのWin7ロムが有れば、他のXPパソコンをWin7にアップグレイドできます。Win7のパソコンの裏に貼っているプロダクトキーを書き写しておきます。XPパソコンにWin7をインストールした後で、電話で認証手続きをするを選択します。先に写したプロダクトキーを打ち込むと、6桁の数字が9列表示されます。
 指定された番号に電話をかけると、1列毎の数字を電話のプッシュボタンで入れるように指示されます。入れ終わって暫くすると、6桁の数字を7組教えてくれます。それをA〜Gの枠に打ち込めば、認証手続きは完了です。

無益情報メニュー

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail