太陽凝視は
健康の元

2016年1月28日

ホームページTOPへ

太陽と水面
 世の中様々な健康情報で溢れかえっていますが、お金が一切かからずに心身の健康に直結する裸眼による太陽凝視は意図的に隠蔽されています。

  白内障治療で眼球にガラス玉を入れた方を除いて、殆どの方はチャレンジしないと損です。

  メリットは数え切れないほどあります。
  自然なバイオリズムが形成される。
  脳が活性化される。

  視力の低下を防止し、様々な目の病気に罹らなくなる。

  最初にチャレンジしてから25年近く経つと思いますが、老眼鏡の世話にはなっていません。パソコンのディスプレーを毎日10時間以上見続けていても、目の疲れを感じません。

それ以外にも様々な効果は出ていると思いますが、医者や薬の世話になることが無い大きな要因になっているのは確かです。

  長時間見続ける必要はありません、光のシャワーの中から太陽の輪郭がはっきり見えた時点で終了すれば良いのです。私の場合は太陽の輪郭が見えるまで5秒程度です、周りの景色が普通に見えるようになるのは2秒後ぐらいです。慣れない内は、10倍ほどの秒数がかかると思いますが、どんどん短縮されます。

  2020年の東京オリンピックに備えて、国民皆スポーツキャンペーンがはられ、テレビには芸人とスポーツ選手しか登場しない状況になっています。

  国民を家畜の群れにする手段として、スポーツは最強だと言う事実は、ナチスドイツの例で明らかです。

 本当に好きでするのなら良いのですが、小さい頃から親にたきつけられた、有名になり たい、金持ちになりたい、テレビに出たい、周りから賞賛されたい、異性にもてたい、健康 になりたいと言う動機でするのだったら、太陽凝視は欠かせません。

  家畜の群れにならずに、心身の健康を実現することができます。

  だからといって、目の筋肉が衰えている人が、健康の為にと無理をするのはいけません。

  最初のうちは目を細めてそろりそろりと始め、無理だと感じたら輪郭が見えなくても止める判断能力が必要です。

  25年かかって慣れた者と、同じようにはいかないと思います・・・と大層な事を書きましたが、一週間も続ければ慣れるでしょう。

日々の風景TOP

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail