るん・るの波形2

ホームページTOPへ

細い一本線の波形
更にフラットになった波形
先月のこどもみらい館は幼児の声が館内に響き渡っていて、それをマイクがひろっていましたが、北文化会館は殆ど外の音は聞こえません。咳やくしゃみをする人もいなかったので写真のような波形になりました。最後の縦棒は1,2・・・のカウントの声です。とにかくこんな奇妙な発声ができる人は他にはいないでしょう。

元氣の元は噛む事で生まれる
アフタールンルで噛む事の大切さを植原先生が教えてくれました。近頃物忘れが 進んで10分前の事も忘れるぐらいなので正確な内容はレポートできませんが・・・ 噛む事によってこめかみの或る部分に元気の元が発生し、 更に噛む事による ポンプの働きで上あごの犬歯の先から体内に送り出されます。それが一巡して 下あごの犬歯に吸い込まれてこめかみの或る部分に戻ると言うことです。 そんな話は誰からも聞いたことはありませんが、そうかもしれないと納得できる 部分はあります。

顎の骨がしっかりした伴侶を選ぶ
顎の骨が発達した人の方が元気と言うことなら、良き伴侶を選ぶ際の一つの 目安になります。欧米人(白人)は内臓の構造が日本人とは異なるから姿形が 異なっているのに、 私達がそれを理想のモデルとして近づこうとするのは土台 間違っていると言うことです。食料も薬も白人に適したものと日本人に適した ものは根本的に異なっています。近代栄養学も白人を基準にしたもので、彼ら よりもはるかに効率の高い内臓の仕組みになっているところに白人並みの栄養 をぶち込んだ事によって様々な弊害が出てきた訳です。白人崇拝が生み出した 間違った知識や価値観や美意識からそろそろ開放される必要があります。結婚 して子供が生まれたらスルメとか伊賀上野の固焼きせんべいのような硬い食べ 物を与えて、えらの張った子供にするのが親の責任です。な〜んてね

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail