陶芸作業で思考停止

窯の内部
炎動画
焼きあがった作品
頭が空っぽになる時間
 たまに焼き物の作業を自分でやることがあります。 小学校で児童がワイワイ言いながら造った作品を 会社の楽焼窯で焼成します。

 温度計、比重計、タイマーは使用しますが、基本的 には勘が出来栄えを左右する世界です。

 800℃の照り返しの前で作業を続けている内に思考 は停止します。真っ赤に焼けた作品はあまりのんびり 取り出していると温度が下がってくっ付いてしまいます。 頭は空白ですが、身体は敏速に作業を続けます。

 全てを取り出して、次の作品を入れると40分ほどの 待ち時間ができます。 皮手袋、断熱エプロン、フルフェイスマスクを外して、 横に置いたノートパソコンでこのページを作っています。

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板