ログハウスの
基礎は能舞台

ホームページTOPへ


舞台のように高い床
保障期間が普通の建売住宅の倍の30年間と言う事で、今まで見た事も無い頑丈な基礎が出来上がりました。(左の円柱はテラスの脚)基礎の上に床部分が乗ると脚立が無いと上には乗れない高さです。四角い箱のような基礎の上に丸太組みの家を建てる訳で、まるでノアの箱舟です。これなら少々水が出ても浸水する恐れはありません。
間仕切りと私の影
床の下には大きな空間が出来ますが、簡単に出入りできません。以前は箱になっていなくて、背の高い柱の上に乗せると言う工法が普通でしたが、耐久性を考えてこのように変ったと言う事です。
風呂場部分
バスルーム部分です。バスタブと段差が出来ないように凹ましています。ログハウスまでバリアフリーの時代なのですね。今は別荘よりも一般の住宅としての需要が多いとの事です。

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail