TOYOTAプリウス
を買いました

2005年4月

ホームページTOPへ

プリウスの外観とコックピット
カーナビの右下にある丸いものがシフトレバーです
ニュービートルの
はずがプリウスに

5年前に23万円で買ったプリメーラがデコボコになって、燃費も悪いので10年ぶりに新車を買うことにしました。娘の希望でほぼワーゲン・ニュービ ートルに決まりかけていたのですが値段が高い、室内が狭い、燃費が悪い、これでは買い換えるメリットがないと気がついて突然浮上してきたのがハイ ブリッドカーだったのです。

納車まで現物は一度も
見たことが無い!!

注文してから納車までの3週間、毎日ニュープリウスが走っていないかと 気を付けていたのですが旧型を一台見ただけです。アメリカでは超人気車で、 納車半年待ちなのにこの温度差は何が原因なのでしょう?
簡単に買い換えられないので、いくらメリットが分かっていても周りの評価が聞けないハイブリッドカーには手を出さないと言うのは京都だけの現象なのでしょうか。

全く違和感を感じない
ドライブフィーリング

エンジンをかけるのではなくて、ボタンを押してスイッチを入れるところから スタートします。何の音もしないのにアクセルを踏むとスルスルと動き出す時 にはさすがに感激しますが、道を走り出したらハイブリッドカーを意識させられるような違和感は全くありません。信号で止まった時に全くの無音になるのでまた感激します。

まさに世界戦略車
を実感

コンパクトに見えますが中はかなり広いです。欧米人が運転席で余裕を 持って座っても、後部座席が狭くなると言うことは無いでしょう。何も考えずに 操作できます。大雑把なアメリカ人が無造作に操作できるようにスイッチ類はシンプルで直感的に意味が分かるようになっています。足回りや座席はフワ フワしていなくて結構硬めです。 (よく知りませんが欧州車は概ね硬めだと聞きます)

とても便利な後方を
映し出すカメラ他

オプションのカーナビについている後方を映し出すテレビカメラは便利です。 ハッチバックスタイルで後方視界はかなり狭いので、幼児やペットが後ろに いたらまず見えません。バックでの駐車を補助する機能も最初はいらない だろうと思っていたのですがテレビ画面の指示通りにハンドルを動かせば 駐車枠にきれいに収まるので何年経っても駐車に気を使う当方にはあり がたい機能です。 ヘッドライトがオートで点灯する車は初めてですが、これ ほど便利だとは思いませんでした。

思ったよりかっこ良かった
ので娘達も大喜び

遠目にはとてもコンパクトに見えて、他のセダンと並べたら大きさが分か ると言う不思議なデザインですが娘達は一目で気に入りました。

高速安定性・燃費は
文句なし

カタログの数値が本物かどうか確かめる為に、妻と山中温泉まで走って みました。高速安定性については、160km/hまで全く不安を感じる事無く 短時間で加速できました。風切り音も100km/h走行時と殆ど変わる事が 無く、まだまだ加速できそうですが連休で車が多く安全を考えて抑えました。 燃費については、45Lの燃料タンク満タンで出発して帰宅時には750km走行 していましたが、まだ20Lは残っている感じです。高速道路では加減速を繰り 返し、かなり燃料を食うような走り方をしましたがLあたり30kmは走れたようです。90km/h前後の定速走行をしていたらカタログ通りのLあたり35kmまで 伸びた可能性はあります。

結論
実に盛り沢山のプラス要因がある車であることを考えたら、価格設定は 決して高くないと思いました。買い替えを考えておられる方にはプリウスは お奨めです。
※2016年1月現在・・・実はこのプリウスにまだ乗っています、故障し ないし、燃費は悪くならないし、快適に走るし、スタイルは3代目、4代目より も角が無くて優美だし、まだ買い換えるつもりはありません。
※2016年10月・・・急に気が変わって、最新のプリウスに買い替える事にしました。自動ブレーキや追い越車アラーム機能が付いた最新型の方が、今後の10数年を安全に運転できると気が付きました。

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail