ルンルの会
ルンルと
パソコン

ホームページTOPへ

少女とプログラム
 ルンルの会員さんを見渡すと、パソコンに強い人が世間標準よりもかなり高い比率でいます。 それもパソコンを使ってクリエーティブな仕事をしている人が実に多いのです。自分がパソコンにのめり込むまで、その理由は分かりませんでした。ところが一年しゃかりきになって触っているうちに、なるほど・・そうなのかと気が付きました。  

 ルンルで力が緩んでいくとマニュアルを読まないのに仕組みが分かってしまうのです。マニュアルを読んでもパソコンは理解できないようになっています。脈絡無しに閃くものがなければ躓いたところから一歩も進めません。ルンル効果は左脳の論理思考とは違う部分 に働くようです。躓いて少しの間パソコンから離れたら、待つほども無く「ああこうすればいいんだ!!」と答えが浮かびます。

 その答えは100%正しい事はこの一年間の経験で断言できます。 (ちょっと力が入ってしまった)
 インド人が優れたソフトを組める理由もその辺にあるのかもしれません。 ルンル(ほんとは“るん・る”です)が精神世界の勉強をしている人からも理解されにくいのは通常の意味の分かる話を聴くと言う論理思考から外れているからかもしれません。 但し型に嵌った文章を書いたり、行動をとったりする事が億劫になってしまうので、世間の常識的な基準で見れば“不幸”になるかもしれまん。

メニューに戻る

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail