マルコビッチの穴

ホームページTOPへ

DVDケース画像
2002年が始まって
新しい年が始まって、旅行にも行かないのでビデオ・DVDをいっぱい借りました。「未来世紀ブラジル」以来、久しぶりに変な作品を見つけました。「マルコビッチの穴」・・・本当に変な映画です。内容は公式ホームページに詳しく紹介されています。「ハリーポッターと賢者の石」のように、真面目なファンタジーもいいのですが、たまにはナンセンスで猥雑なものも観てみたい時があります。この馬鹿馬鹿しさは超お奨めです。

稲荷大社
5日に会社が始まり、新年の挨拶を済ませた後に恒例の稲荷大社参拝に出かけました。例年同じ時間に出発しますので人手の多い少ないは自分の目で確認できます。うわさでは聞いていましたが、確かに参拝者の数は減っているようです。昨年は溢れ返るような人波で賽銭箱のところまでたどり着くのに苦労しました。景気が悪くなると神頼みする人が増えるねと皆に話した記憶があります。ところが今年は、いくら神頼みしても願い事は叶えられないと皆が気付いたようです。

ノートパソコン支給
いよいよ営業マン全員にノートパソコンを支給する事になりました。一昨年に提案した時は誰も乗ってきませんでした。営業に回った後にパソコンを触る時間なんて無いと言うのが理由でした。しょうがないので以前からDOSパソコンを触っていた経理のTと二人でインターネットを始めたのです。TはIBMのシンクパッド、当方はシャープのメビウスです。それからの2年間で情勢は変わりました。営業先の小学校でパソコンの周辺機器や消耗品を毎日のように注文される状況になったのです。さらに書名だけしか分からない専門的な本の注文、既に店頭では消えてしまった商品の大量注文、普通の仕入れでは予算の合わない注文等々にインターネットの検索機能やオークションが必要な場面が頻繁に生じてきました。こうなってくると、触らないでは仕事になりません。

機種選定
5台まとめて購入するとなると、あまり高いものは選べません。稲荷参拝の後昼食迄の待ち時間にソフマップに行きました。12〜14万円の範囲で最新の内容でとなると選べる製品は限られてきます。ソーテックは何時入荷するか不明、IBMのシンクパッドは昨年の夏タイプで3台しか在庫が無い、メビウスは耐久性に不安あり。その他の国産のものは全部予算オーバーで対象外です。

アメリカのパソコンの強い所
帰ってからDELLコンピューターから頻繁にPRのFAXが来ていたのを思い出しました。記入されていたURLで出てきたページはキャンペーン期間中の案内ページで期間終了は1月6日になっています。明日が締め切りじゃないですか!!
OSはXPホームエディションで様々な設定でオーダーメードができるようになっています。ディスプレー 14.1インチXGA、CPU Celeron(R) プロセッサ 900MHz、メモリ256MB SDRAM 、ハードディスクドライブ:Ultra ATA Enhanced IDE HDD20GB、CDーRドライブ付、以上の内容で送料、消費税も入れて1台あたり143000円。ぎりぎり予算内で収まりました。受注確認と共にすぐに生産にかかるというメールが届きました。これでは国産メーカーは太刀打ちできないなと強く感じました。消費者にとっては良い時代になったものですね!!
※2016年に、このページの文法を修正していて、14年経過するとパソコンの価格が四分の一になると言う事実に驚いています。スペックも今の時代では使い物にならないのに、こんなに高かったとはびっくりポンです。

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail