テロは防止できる
のでしょうか?

ホームページTOPへ

アル中白雪姫
 何人もの大統領が暗殺されたアメリカの事ですから様々な可能性を 想定して防止に努めることでしょう。 それでも積年の恨みに燃える人間の頭脳はとんでもない方法を考えつきます。これからはいじめっ子に対抗する為に知恵の限りを尽くして 用意周到な計画が練られる事でしょう。 いじめられる側のほうが相手の弱点を良く観察しています。 腕力に自身があり、常に圧倒的優位に立っていると信じている側は、 相手の知的能力も自分より劣っていると考えがちです。  

 いじめられる側から物を考えてみますと・・・・ これからは警戒が緩く誰も考えつかなかった場所で起こるかもしれ ません・・・・それはアメリカに協力している国の可能性もあります。アメリカを孤立させるのに最も効果的な手段ですね。 アメリカがイスラム世界全体を敵に回す立場に追い込まれるよう画策 されるかもしれません。

 ガキの喧嘩じゃあるまいしと言ったところで、現時点でアメリカから来る 報道はそれに近いものを感じます。 小泉人気はここに来て大きな曲がり角に立たされました。 小学校の学級委員長を選ぶような現状も少し変わるかもしれませんね。 それにしても、徴兵制の無い国に育った我々は彼らの思考パターンを 理解するのは無理みたいです。 これから日本がどんな状況に陥ろうが、 全ての力を緩めて「何があっても大丈夫」と生きていくのが一番ですね。  

 ※上の文章を書いてから10年以上経過し、少しは知識が増えましたので、アメリカのしたたかさは日本人には理解できないものだと分かりました。 全ては日本人から見たアメリカ像であり、銃が普通に家庭にあるような 国の本質など、日本人が理解する事は不可能です。2015年

画像ページメニュー

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail