トルマリンパワー

ホームページTOPへ

トルマリン液 塗布したバスタオル
 三女が入院しました・・・・高校を中退して、調理師専門学校に行って・・・河豚の調理師免許を取得して、ふぐ料理の専門店に就職しました。オープンしたての店で、最初のうち客の入りは良かったのですが、夏が近付くと客足はばったり途絶えました・・・・・・
ワーキングホリデーに行くまでの腰掛調理師は要らないとリストラされました。もう少し割のいい仕事をすると言って、小さなバーの調理兼接客役を勤めました。一日で25000円も入るので、あっという間に100万円貯金できました。最終電車で帰ってきて、寝る間もなくお客さんとゴルフや海に行く日々が一ヶ月半ほど続きました・・・

 お店の改装で久しぶりに家でゆっくりした3日目の午前3時、「お腹が痛くて寝られない」と青い顔で言います。救急車を呼ぼうかと妻は言いますが、放り込まれる病院はひどいので別の救急病院に連れて行きました・・・・症状から盲腸炎だと私は判断しました。それから三日間、様々な検査を受けるのですが病名も原因も知らされません。点滴だけで、水さえ飲めない状態なので完全に病人の顔になっています。若い医師は「長期入院になるかもしれません」と暗い顔で言います・・こりゃやばい!!
 そこで代替医学の出番です!!トルマリンの超微粒子液一瓶全部を“松山千春”のバスタオルに塗りこみました。次の日持っていくと、腰も痛いと言いますのでグッドタイミングですバリバリと厚紙を剥がすような、劇的な回復ぶりです!!それから三日で退院できました・・・

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail