無名の師

ホームページTOPへ

竹林の七賢人
  何か特別な能力が無くても、何か素晴らしい事をしていなくても、臨死体験であの世を見ていなくても、無名の素晴らしい人が周りに沢山いる事に、気がつかなければ意識が進化したとは言えません。遠くの偉い人に会いに行けば良い事を教えてもらえるとか、意識の次元が高くなる等と期待するのは、自分に自信が持てない依存症患者です。3次元で有効なヒントや情報は、すぐ近くの人や出来事から得られる事に気付くと、無駄な時間やお金を費やす事が無くなります。多くの偉い人と会っているので、自分は周りの人よりも意識レベルが高い等と考えていると、目の前にある貴重なヒントを見逃してしまいます。

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail