たまゆら写真館

たまゆら(玉響・魂響・玉霊)考

ホームページTOPへ.

ノーフレームメニューへ
(スマホ用)

 被写体について良いとか悪いとかの判断をしたり、霊的な説明を加えたりしておりません。私は、見えないものを見たり感じたりする能力は持っていません。
 そもそも“たまゆら”と言うものが何だかよく分かりません。或る時から頻繁に写るようになったのでまとめて紹介しています。写ると面白いと言うだけのことです。
 全て失敗写真と決め付ける方がいます。 ところが、看板や人の向こう側に巨大な球体が写っている「鳴沢氷穴の巨大たまゆら」や「走るたまゆら」は、レンズ近辺の埃説では説明できません。 たまゆら撮影の基本は、カメラを胸に構え、数メートル先を見ながら、何かがピカリと反射する迄360度あちらこちらと方向を変えてシャッターを押し続ける事です。
  レンズのゴミ、雨粒の反射、滝の飛沫、埃 、雪、霙、水蒸気、レンズのフレア、羽虫等が原因と考えられるものは極力排除しています。
(投稿写真は全て掲載)
  上記のような要素が一切無い場所でも、力を緩めて、何も考えず、素直にシャッタ ーを押せば埃や雨の反射以外のものが撮影出来る場合があります。
  放射能を無毒化できない科学で、全てが説明できると考えるのは非科学的です。底の浅い知識や凡庸な思考力で、物事を理解し安心感を得てきた事が 、原発を容認する甘さに繋がりました。今日本人に必要なものは、答えの無い問題に自ら取り組む冒険心と勇気です。独自の考えを持つ事を恐れ、周りに合わせているだけでは、メエメエと意味無く鳴いている羊の群れの1匹に過ぎません。

  現代の科学や医療が全ての真実を解き明かしていると信じるのは、冒険を好まない畜群の思考パターンです。教えられたことを覚えるだけでは、真実を知ることはできません。何事も鵜呑みにせず、自分自身で世の誰も試みたことが無い方法で検証する必要があります。難しい事は学者や医者に任せておけば悪いようにはならないと信じた結果が、放射能汚染であり、土石流で家や命を失い、癌の宣告を受けて予定通り死んでいく、無害で従順な羊の群れをつくりました。ネットで他人の意見を読み耽るだけでは何も分かりません。興味を惹かれたら、自ら実践し、検証し、他の人が気付かなかった新しい事実を知る事の積み重ねが、何かを生み出します。

 バックの写真は自宅中庭の自然農法菜園で撮影しました・・・畑いじりは5年間続けま したが今は駐車スペースになっています。

 小学生の時からマニュアルのミノルタカメラで撮影を始め、20代から50代にかけては水中写真コンテストで、全国のライバルと腕を競ってきましたので、普通の人よりはカメラについては知っているつもりです。レンズに付いたゴミや汚れについては、撮影前にチェックをするのが小学生の時から癖になっています。
※投稿写真以外は、自由にお使い下さい。

たまゆら写真館ノーフレームメニュー

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail