津軽のたまゆら
(投稿写真)

かなり明るく加工しています
「岩木山の麓に出た月とたまゆら」治療家akiraさんからの投稿です。
健康とは何でしょう?
 毎年6月に社員一同交代で病院に健康診断を受けに行きます。当方は結果の用紙に再検や要治療の項目があっても無視します。社員さんに考え方を押し付ける気はありませんので、再検に行ってお医者さんに脅されて血圧を下げる薬を飲んでいる人もいます。

レントゲン室で長い時間待たされました
 専属の技師がいないこじんまりした病院で、レントゲンを扱えるのは一人の お医者さんだけなので、手があくまでレントゲン室で随分長い時間待たされました。これは検査しか出来ない機械で、人が元気になると言う要素は微塵も 感じられないな〜とぼんやり考えました。鼻をさす消毒薬のような臭いも細胞 を傷つけそうです。

病院も民間の治療家を見習えばいい
 民間の治療家の方は元気になる仕掛けを自院に色々と施されます。もちろん京都の高次元医学のH先生や、佐賀のY先生のように医院に様々な仕掛けをされているところもありますがごく少数派です。全国の殆どの総合病院 は人間の身体を少しデリケートな機械としか見ないような無機的な雰囲気に満ちています。高い検査器具を揃える費用の一部を割いて、人が元気になる仕掛けをすれば良いのにと検査の為に各部屋を周っている間中考えていました。

たまゆら写真館ノーフレームメニュー

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail