和多都美神社
のたまゆら

霊石を囲む三角鳥居とたまゆら
 長崎県の対馬にある神社です。日本人のルーツになる人々が、最初に対馬に上陸して住み着き 、祖国の伝統に従って作った鳥居と言うことです。 知識が乏しいので解説は出来ません。(和多都美神社にて)
 ※このような3本脚の鳥居は京都の通称「蚕の社(かいこのやしろ)」にもあります。 京都の街を作った渡来人の秦氏が養蚕と織物の神を奉った神社と言われています。

たまゆら写真館ノーフレームメニュー

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板