多くの日本人が潔癖症に陥りつつある中で雑菌やウィルスに対する抵抗力を失っています。 MMSは体内に侵入した悪玉菌やウィルスを一掃する効果が有ります。

MMSと言う
サプリメント

マスター(ミラクル)・ミネラル・
サプリメント情報
Master Mineral Solution

ホームページTOPへ

MMSと言う
サプリメント
定期的に
買い換えよう
MMS2の
摂取法
MMSに
関する投稿

MMSと小道具
 15年程前にMMSを知り、当時は日本で入手できなかった為にアメリカから取り寄せていました。それから現在に至るまで毎日飲み続けています。後期高齢者になりましたが、持病は無く、医者・薬・病院とは一切縁が無いので生命保険はかけていません。
MMSの基本情報もお読みください
 このページのMMS情報は、多くのルンルの会員が長期間MMSを摂取した体験を元に記述しています。MMS開発者のジム・ハンブル氏が当初発信していた情報とは異なる部分が有ります。オリジナルの情報もお読みください。
オリジナルの情報→21世紀の大発見・・・・・ジム・ハンブル氏からの報告
MMSが入手できるサイト
mms12.jp Oxidisers
亜塩素酸ナトリウム水溶液 (100ml) & 50%クエン酸水 (100ml)
1セット 2000円。個人がサラリーマンと兼業で製造販売されていますので、一般の通販サイトのように敏速なレスポンスはありません。このサイトの管理者はMMSやMMS2について良く研究されていますので、読まれたら参考になります。
うぶすな41
MMS: クエン酸(容器:クエン酸パウダー)Aセット4,500円
通常の通販サイトのようなレスポンスはありませんが、お金を振り込めば商品は届きます。その間に何の反応も無い場合があり、不安に思った方がこちらへ問い合わせたりされますが、紹介しているだけですので、届くまでじたばたせずにお待ちください。

寿命が20年延びた
 私が紹介してすぐにMMSを飲み始めた或る方は、無理だと諦めていた脳内ゴミのデトックスができて、疲れを知らない身体になり寿命が20年延びたと大喜びされています。その後、様々な検証をされて“疲れは脳がつくり出すもの”と確信されました。
※或る方とは、ルンルの会の植原先生です。

全ては自己責任で
 MMSは優しい万能サプリメントではありません。胃や腸に少し負担がかかりますので、暴飲暴食などで内臓を傷めている方にはお勧めできません。内臓を傷める原因になっている生活習慣を改めて、健全な状態にしてからお試し下さい。内臓に問題の無い方が、ウィルス性疾患に罹った時や、身体にゴミが溜まっていてスッキリしないという時には、ご自身の責任においてチャレンジしてください。

副作用ではありません
 嘔吐、下痢は通常の反応で、副作用ではありません。 試して改善効果が有ると判断した場合は、必要と感じる間はお続けください。 基本的に病気が治るのは、体内の有用細菌の助けを借りて自然治癒力や自己免疫力が働く為です。薬やサプリメントや、身体に良いと奨励されているスポーツや笑いについても、それに救いを求めたり、依存すると弊害になります。

体質改善・健康維持目的の簡単な使用例
 就寝前にMMS2〜6滴とクエン酸50%溶液を1対1の割合でジャムの瓶等に滴下し、蓋をして振ると数秒で黄色く変色します。それを50〜100ccの水で薄めて、うがいをしながら飲用します。睡眠導入効果と老廃物の除去効果が働き、スッキリとした体調で日々を過ごす事が出来ます。夜中に目が覚めた時に飲まれても良いでしょう。朝起きた時に、口臭がしないので感動される事でしょう。続けている内に、様々な心身の悩みが消えていく可能性があります。
 うがいと言っても上を向いて喉でガラガラするのではなく、正面を向いて歯間や歯肉を洗浄する感じでクチュクチュしてから飲み込みます、残りは普通にゴクゴクと飲み干します。歯周病や虫歯を予防し、口臭防止にも効果があります。
 ※MMSとクエン酸は1:1が基本ですが、酸味が嫌でクエン酸の比率を下げて飲まれている方がいます。色々試して自分に合った比率を見つけてください。

MMSの基本情報
  MMSは亜塩素酸ナトリウム(NaClO2)22.4〜25%溶液にクエン酸(C6H8O7)50%溶液を加えることによって二酸化塩素(Clo2)を生成させ、それを速やかに飲用する事で、体の隅々にまで二酸化塩素が行きわたります。その結果、生命活動を支えている有用細菌を傷つけることなく、ウィルスや雑菌を除去したり、通常の方法では除去できない老廃物を溶かすデトックス効果が期待できます。これはウイルスや身体に害をなす細菌と、体に必要な有用細菌は生存できるペーハーが異なる為に、このような奇跡的な現象が起こります。
微生物叢(マイクロバイオーム)について
 MMSの摂取が何故奇跡的な体質改善を引き起こすのかについては、微生物叢(マイクロバイオーム)の正常化を促す効果が有る為ではないかと分かってきました。以下は参考図書です・・・
「あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた」アランナ コリン (著) 矢野 真千子 (翻訳) 河出書房新社/ 「腸内細菌が家出する日」藤田 紘一郎 (著) 三五館/ 「失われてゆく我々の内なる細菌」マーティン・J・ブレイザー (著) 山本 太郎 (翻訳) みすず書房

MMS使用に必要な小道具
蓋付きの容器
クエン酸と水を混ぜる時に便利。ジャムや海苔佃煮の空き瓶でOK。
滴下用のキャップが付いた
小型容器2種類(小分けして持ち歩きたい場合)

一回に使用する量は僅かなのでバッグやポーチに入る小型容器が便利です。MMSとクエン酸溶液の見分けが付く色違いにします。
巾着袋
持ち歩く時に便利です。できれば光を遮るような厚みのあるものがお薦めです。

クエン酸溶液を自作する方法と
反応液を薄める水やジュースについて

 50%クエン酸溶液はクエン酸粉末スプーン1杯に対して水1杯です。蓋付き容器に入れて丹念に振るとクエン酸が溶けて透明でトロリとした50%クエン酸溶液が出来ます。
 飲料用MMS混合液は、MMSと50%クエン酸溶液を同量で混ぜ、反応時間は数秒です。薄めるのは水道水、市販の天然水、果汁100%ジュース(ビタミンCを添加していないもの)。
 ※ オレンジやグレープフルーツ等柑橘系は駄目です。リンゴジュースは酸化防止剤としてビタミンCを添加したものが多いので注意してください。上記の条件を満たすもので比較的入手しやすいのは濃縮還元のアップル、グレープ、パインジュースです。
※生100%ジュースよりも、濃縮還元の100%ジュースで薄めた方が真水で飲んだ時のMMS効果に近い感じがします。
飲むタイミングは、食事前後1時間は空ける
 空腹時に飲む事で効果が高まります。 食間に飲む、就寝前に飲むのが一般的です。
オリジナルの情報はこちらをご参照下さい。

クエン酸50%溶液を自作する方にお勧めの製品
クエン酸100% つかれず粉 170g×5袋: クエン酸のつかれ酢本舗 アマゾン価格2,698円
MMSのセットに付いているクエン酸溶液を使用するよりも酸味が優しく、反応液が飲みやすくなります。一人では使いきれない量なので、MMSを飲んでいる方と分け合えばよいでしょう。

使用例: クララのプロトコル抜粋・要約(ルンルの会版)
 基本はMMSに対して50%クエン酸溶液は1対1の割合ですが、色々と変えて自分に最も合う比率を見つけて下さい。
ステップ1
・・・・開始1日目だけ(朝食後1時間経ってから服用開始)ガラスコップにMMS6滴、50%クエン酸溶液6滴を入れて振る。水もしくはビタミンCが添加されていないジュースをコップに半分ぐらい入れて一気に飲む。 (柑橘系は駄目、リンゴジュースはビタミンCが添加されたものは駄目)
ステップ2・・・・1日目続き
 1時間待ってからステップ1と同じ量を飲む。
(MMS6滴、50%クエン酸溶液6滴+水orジュースをコップに半分程度)
 2時間様子を見て何も変化が無ければMMS7滴、50%クエン酸溶液7滴+水orジュースをコップに半分程度飲む。それでも何も変化がなければ1時間以内に同じ量を飲む。
(MMS7滴、50%クエン酸溶液7滴+水orジュースをコップに半分程度)
 吐き気、下痢の症状が出ても心配要らない。
ステップ3・・・・二日目からの一週間
可能なペースで量を増やしていって、最終目標はMMS15滴、50%クエン酸溶液15滴+水orジュースをコップに半分程度を1日に2回飲む。
朝一回、昼か夜に一回服用
※個人差があるため15滴は目安として、あまり無理をせず自分の適量を知る。それを1週間続けると体内の病原菌、微生物、重金属が排除できる。
※一週間と言うのは一つの目安で、もう少し続けた方が良いと感じたら自分に合った量を症状が消えるまで飲み続ける。
ステップ4・・・・症状が消えたら
体調を維持する為に1回6滴を週に2回飲む。
(風邪をひいた時等は治るまで日に2回飲む)
※普段の体調管理には3〜6滴を1日に1回だけ就寝前に飲む。飲みたくない日は飲まない。
クララのプロトコル原文

飲用以外の使用法
(MMSJPANから拝借)

歯の磨き方 (歯周病を防ぎ、口臭を無くす)
1.MMS1〜3滴に、同量の50%クエン酸溶液を加えて15秒待つ。
2.小さじ1〜2杯の水を加え、その液を使って歯と歯茎を磨く。
デンタルフロスに付けて磨いてもよい。
※歯茎を丈夫にする目的の場合は軟らかいブラシもしくは歯茎マッサージ用ブラシが歯茎を傷つけないのでお奨めです・・・HP管理人の意見。
※口腔内を清浄にすることで循環器系の疾患の90%の原因を取り除く事が出来ると言われています
入浴剤として
活性化した混合液を 浴槽に入れます。MMS35滴、50%クエン酸溶液35滴が普通サイズの風呂には良いと、アメリカから情報を得ている方が話しています。これは一例で自分が心地良いと感じる量を入れれば良いと思います。

攪拌の工夫
 MMSを飲み続けて15年以上経ちますが、ここ数年は就寝前にMMS3滴、クエン酸3滴を飲むだけで腸内環境は好調です。10滴前後を飲んでいた頃は気になりませんでしたが、滴数を減らしてからは瓶の底一杯に広げて攪拌するのは効率が悪いと気付きました。 コップの上に攪拌用の瓶を斜めに置いて、角のところに3滴ずつ垂らしたら、効率良く反応が進む事が分かりました。 赤のテープを貼った遮光容器にMMSを、青のテープを貼った遮光容器にクエン酸50%溶液をいれています。現在購入できるMMSの容器は、樹脂が少しずつ溶けてMMSに混入します。容器が溶けなかったのは、最初にアメリカでMMSを販売した会社の緑の透明容器だけです。(上の写真に写っています) この会社はFDA(アメリカ食品医薬品局)に2度に渡って妨害工作を受け、潰れてしまいました。MMSを購入したら、ガラスの遮光容器に移し替える事で安全に飲み続ける事ができます。 スポイド付きのガラスの遮光容器はアマゾンで購入できます。

MMSと言う
サプリメント
定期的に
買い換えよう
MMS2の
摂取法
MMSに
関する投稿

Home 開催日 掲示板 E-mail