日本人向きパイプ用ブレンド葉

ホームページTOPへ

パイプ煙草の勧め キャラバッシュパイプの
使い方とメンテナンス
キャラバッシュ
パイプ進化形
日本人向きパイプ
用ブレンド葉
素晴らしい
ペリック効果

何となくつくったブレンド葉が、まるで和食の趣
 様々な銘柄のパイプ煙草を喫いましたが、これだ!!と言える葉を見つける事ができませんでした。手の込んだソースを掛けた欧州料理のような葉ばかりで、ご飯、味噌汁、焼き魚、漬物のようにシンプルな和食風の葉とは出会えなかったのです。それなら、自分でブレンドして創るしかないと考えました。
自家ブレンドをして気付いた事
パイプ煙草の味の好みは人によって皆違います。また喫い続けている内に好みはどんどん変化します。
多くのパイプスモーカーは好みの製品が見つかるまで探しますが、100%満足できるものには出会えず、何時までも探し続けるか、妥協できる数点に絞って探すのを諦めます。最初から近くで入手できるものだけを喫って、パイプ喫煙はこんなものだと納得する人も多いようです。
自家ブレンドは好みの変化に合わせて、いくらでも味を変える事が出来ます。
国内で自家ブレンドにチャレンジしているのは少数派で、その殆どが国内で入手できる50g缶の葉でブレンドをしている為に、作る量が少なく、ブレンド後の長期にわたる味の変化を体験していないようです。
たとえブレンドに失敗しても単品の葉をストックしていれば、完全に別のものに組み変える事が可能だと言う事実を、殆どのパイプスモーカーは知りません。
ブレンドに使うのはベースにバージニア、バーレー、オリエント、キャベンディッシュ、味付けや調味料的に使うのがラタキア、ペリクと原材料は僅かです。産地やカットによる違いを無視すれば、最も安価な葉を使って、無数の組み合わせの自家ブレンドを作る事が可能です。
※着香系は好みではありませんので、所謂イングリッシュ・ミクスチャーで主に使用される葉をストックしています。

日本人向オリジナルブレンドbowsミックスチュアNo.1
ベースは癖の無い白米のようなバージニアNo.1
(50%)
 ベースにする葉は、安価で常に煙草店に置いていて、製造中止になる恐れの無いマクバレンのバージニアNo.1が使い易そうだと考えました。ソフトで甘い味の人気銘柄です。この葉はバージニアに少量のバーレイ葉を混ぜたブレンド葉ですが、何故かラタキア+ペリックとの相性が良く、どんなパイプで喫っても美味しく、飽きないブレンド葉になります。 他の葉と一緒に、まとめて取り寄せる場合は・・・Mac Baren: VirginiaNo.1:16oz(453.584g): $38.63・・・入手はSmokingpipes.com のバルク葉のページ。(他にも個人輸入可能なショップは有ります)
マクバレンバージニアNo1
干物、焼き魚、鰹節の要素は、煙草の葉を燻製したラタキア葉(40%)
  正露丸のような臭いで嫌だと言う人も多いようですが、私はラタキア葉が入っていないと美味しいと感じることが出来ません。ところが日本では煙草葉を量り売りする事は禁じられています。したがってラタキア葉の入手は個人輸入するしか方法がありません。Cornell &Diehl : Latakia 8.0oz/227g $26.75、入手はSmokingpipes.com のバルク葉のページ。
※こちらのショップからもラタキア葉は購入できます。https://www.4noggins.com/blending-latakia.aspx
ラタキア葉
漬物や味噌の要素はタバコの葉を加圧醗酵させたペリック(ペリク/ペリーク)葉(10%)
 ウイスキーの樽に詰め込んで、タバコの葉を1年間加圧醗酵させたものがペリック葉です。元々は特定の地域のネイティブアメリカンが、木の穴に煙草葉を詰め込み、空気が漏れない様に栓をして造っていたタバコ葉の漬物です。そのままの臭いはラタキアよりも強烈ですが、混合比率が10%なので仄かに香る程度になります。Cornell &Diehl Granulated Perique 8.0oz/227g $26.75、入手はSmokingpipes.com のバルク葉のページ。(他にも個人輸入可能なショップは有ります)
3種を丹念に混ぜ合わせて完成です
 バージニアNo. 1はやや細長く裁断されていますが 、ブレンド専用のラタキアとペリックはかなり細かく裁断されていますので、とにかく丹念にかき混ぜるだけです。バージニアNo. 1を50%:ラタキア40%:ペリック10%と言う比率で、実にシンプルな組み合わせです。日本人が昔から食べてきた和食風の、飽きない味のブレンド葉になりました。友人が このブレンドにbowsミクスチャーと名前を付けて下さいましたので、その勢いでbowsミックスチュアNo.1と命名する事にしました。素直で、優しい味のブレンド葉です。試されたい方は、ご自由にお作り下さい。
良く混ざった葉

密閉容器に保存
 ヒュミドールと言う保湿グッズと一緒に密閉容器に詰めます(ヒュミドールは葉に直接触れないようにします)。二日後ぐらいから、それぞれの葉の長所が交じり合って、シンプルで爽やかな味のブレンド煙草になります。2週間後位まで味が変わると言われていますが、実際はもっと長い期間にわたって味は変わり続けます。Danhill My Mixture965が製造中止になり、お気に入りの葉が無くなったとがっかりしている方は一度お試しください。湿度は65%がお勧めです。
密閉容器に保存
 良く調べてみたら、 ダビドフ イングリッシュ ミックスチュア50g¥4,250が、bowsミックスチュアNo.1と同じ葉の構成です。以前2缶取り寄せて喫いましたが、全く印象に残っていません。bowsミックスチュアNo.1の方がはるかに美味しいと思います。 (bowsミックスチュアNo.1は50g¥1,100円で作れます)
 ※ベテランと思われるパイプスモーカー達が、様々な製品を喫い比べた感想をブログに書いています。ところが人によって感想や評価が皆違います。嗜好品は個々に好みが異なりますので、他人の評価は全く参考にならない事がわかりました。他人が作ったもの(既製品)の中から自分に合った物を探すという、効率が悪く、無駄に経費のかかる方法をやめて、自分に合ったオリジナルを創る方がよほど理にかなっています。
ダビドフ:イングリッシュミクスチャー

クールスモーキングができて美味しい究極のブレンド
(2019年2月以降は、こちらに一本化しました

アメリカンスピリットペリックの紹介を兼ねてbowsミックスチュアNo.2のページを作りました。

ご訪問ありがとうございます。初心者が我流で作ったブレンド葉なので、ご意見やアドバイスやご感想などがございましたら、メールでお知らせください。
メール:m168@oregan o.ocn.ne.jp 富田英之

メニューへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail