パイプ煙草の勧め

ホームページTOPへ

パイプ煙草の勧め キャラバッシュパイプの
使い方とメンテナンス
日本人向きパイプ
用ブレンド葉
パイプタバコ
ブレンド比率集

パイプ煙草を始めたきっかけ
 近所の薬局で紙巻きタバコ(シガレット)のアメリカンスピリット・オーガニックを購入していましたが、顔なじみの女性店主が「薬局で煙草を売るのはどうかと思うので辞める事にしたわ、おたくも禁煙したらどうや」と最後のカートンを渡しました。他所で取り寄せを頼むのは面倒です、それがパイプ煙草に切り替えるきっかけになりました。
一挙にパイプに路線変更です
 様々なタイプのパイプで喫ってみたいと思い、世界各国の安価なパイプを気の向くままに集めています。シガレット(紙巻煙草)から路線変更し、パイプ喫煙というマイナーな道をこれから歩むのなら、先輩やベテラン達が通った事の無い道を進んでみようと決めました。

パイプコレクション
左:ベント、中央上:ビリアード、中央下:チャーチワーデン他、右:キャラバッシュパイプ

キャラバッシュパイプ(Calabash PipeもしくはGourd Pipe)
 安いパイプばかり集めていると書きましたが、右側の奇妙な形のパイプは普通に入手しようとすると、1個が25,000 〜35,000円と高価です。海外のオークションで安く手に入れる事ができました。キャラバッシュパイプは初心者でも簡単にクールスモーキングが出来ます。又、パイプタバコを喫い過ぎて喉がいがらっぽくなった時に、抵抗なく喫えるのはキャラバッシュパイプです。 キャラバッシュパイプのページを別に作りました。

パイプ煙草のメリット
 全部灰になるまで喫えるので、シガレット(紙巻きタバコ)よりも経済的。同じグラム数で3〜5倍の時間喫えます。肺に煙を入れませんが、味が濃いので満足度が高い。 空気の流れを止めると自然に火が消えるので、何時でも中断でき、また点火すれば続きが喫えて、忙しい人にピッタリ・・・他にもメリットは多々あります。
タイプの違うパイプが複数必要な理由
 それぞれの形状(シェイプ)によって使い勝手が違います。ベントに代表される下に曲がったタイプは、屋外で作業をしたり車を運転する時に便利です。煙が目に入りやすい形状で風の動くところで喫うのに適しています。ビリヤード等のストレートタイプは、吸い口と火皿が離れているので煙が目に入りにくく、室内等風の無い所で喫うのに適しています。うっかり唾が入ってジュルジュルと詰まっても、モールを差し込めば吸い取る事が出来るので扱い易さはトップです。奇妙な形状のキャラバッシュパイプや、やたら長いチャーチワーデン等は、作業をせずに、くつろいで時間を過ごす時にだけ出番があります。
高価なパイプで喫えば美味しいとは限りません
 有名ブランドのパイプは僅かしか持っていませんが、無名の安価なパイプよりも美味しく喫えるとは限りません。自分でブレンドしたパイプタバコの味はよく分かっていますが、有名ブランドのパイプで喫うと美味しくない時があります。ブランドとしての拘りからくる妙な癖が有るのかもしれません。素直に作った無名のパイプは、適度にカーボンが付くと高価な製品よりも美味しく喫える場合があります。

パイプの個人輸入
  海外の安くて面白いパイプは、ebayで国別に検索すると沢山見つかります。価格は海外からの送料を足しても、ブランド品の半額以下になる場合があります。太文字のSmoking pipe ××の部分をコピーして、ebayの検索枠にペーストすると、オークションと即売の出品が見られます。Pre-Ownedは中古品です。Buy It Nowは即売品です、本体価格の下に送料が記述されています。** bidsと記述されているものはオークションです。 オークションは、仕組みが分かればヤフオクよりも簡単です。

◎イタリア:Smoking pipe Italy
◎ギリシャ:Smoking pipe Greece ・・・新品のブライヤーパイプが安価です。ギリシャから送られてきますが、ほぼ一週間で届きます。ebayを通さずに、Alexander Briar Pipesと言うメーカーから直接購入する場合は選択肢が一挙に増えます。
◎ウクライナ:Smoking pipe Ukraine
◎ポーランド:Smoking pipe Poland
◎トルコ:Smoking pipe Turkey
◎フランス:Smoking pipe France
◎中国:Smoking pipe China
◎オーストリア:Smoking pipe Austria
◎イギリス:Smoking pipe United Kingdom
◎ドイツ:smoking pipe Germany
◎デンマーク:Smoking pipe Denmark
◎オランダ:Smoking pipe Netherlands
◎アイルランド:Smoking pipe Ireland
◎アメリカ:Smoking pipe UnitedStates


葉の個人輸入
 日本との価格差が大きい製品を中心に注文すれば送料、関税、たばこ税、消費税を払っても、国内で買うより安くなる場合があります。価格は日本の半額以下ですが、日本で荷物を受け取る際に各種の税金を配達の郵便局員さんに支払う必要がありますので、日本で買うのと同じ金額になります。但し日本では40〜50gが2,500〜4,000円以上する葉をキャプテンブラックやアンホーラと同じ金額で買う事ができます。
缶入り煙草葉

量り売り(バルク)・・・日本国内で量り売りはありません。
 アメリカの煙草通販ショップが、単体の葉や、ブレンドした葉を量り売りしています。商品代金、送料と日本国内で課税される関税、たばこ税、消費税等を払うと50gあたり1,100〜1,400円になりますが、国内でパウチ(紙袋)入りでそれぐらいの価格で販売されている葉よりも、グレードが高い分だけ得です。Smokingpipes.com他から購入しています。

バルク葉

必要な道具
 点火にはZIPPOパイプ用オイルライター、安いガスライター掃除用モール(消耗品なので大量に用意すると安心)。コンパニオンと言う葉の表面を平らにする皿(タンパー)とカーボンを掃除するヘラと、葉の隙間を調整する針(ニードル)の3点セット。小さいカピートパイプの場合は、通常のコンパニオンに付いているタンパーは大き過ぎて葉を押さえる事が出来ませんので竹筒等にネジ釘を取り付けて自作がお奨め。底の丸いパイプを置くパイプスタンドパイプカーボンリーマー はボウル壁に付着したカーボンを均一に削る事ができます。煙道のヤニ掃除に無水エタノールが必要です。ボウルとマウスピースの接合が固くなったら、白色ワセリンを少量塗るとスムーズに抜き差しが出来ます。逆に緩くなりすぎて、喫っている間に抜け落ちそうになったら、蜜蝋を厚めに塗ると固くなります。手っ取り早い掃除道具としてエアーコンプレッサーが有ると大変便利です。汚れをふき取るガーゼは、ドラッグストアで10mのものを購入して、1m毎に切り分けておくと便利です。

パイプ煙草に必要な道具
お勧めのライター・・・
ジッポライター
 様々なガスライターを 使ってきましたが頻繁に使用する間に全て壊れました。結局、道具箱の中で数年眠っていたZIPPOが最も安定して使用できる事に気付きました。葉に完全着火するまで時間はかかりますが、パイプ用のZIPPOオイルライターはお勧めです。ガスライターを使用する場合は安い使い捨ての製品で良いと思います。マッチは最も早く完全着火しますが、燃え残りの軸の始末に配慮が必要です。

灰皿はタバコ葉の空き缶で
 大きさがちょうど良くて、蓋が出来るので、使い易い灰皿になります。中央にコルクかゴム栓を貼り付けたら、 喫い終わったパイプを打ち付けて灰落としが出来ます。使い始めて気付いたのですが、パイプスタンドにもなります。
煙草缶の灰皿
その他の小物
  葉の適切な湿度管理(イングリッシュミクスチャーの場合60〜65%)にはヒュミドール(スリットや穴のある加湿グッズ)と湿度計が便利です。チャコールフィルターはパイプ喫煙に慣れると使わなくなる人が殆どです。買った葉が辛すぎて咳が出る等の時に有っても良いと思います。中国製の激安パイプに付いているマウスピースは9mmのチャコールフイルターが差し込めませんので、別売マウスピースを入手する必要があります。2個セットで1,000円前後です。※ヒュミドールは長期間、葉に直接触れると黴が発生しますので、予定湿度に達したら葉を入れたポリ袋から取り出します。
フィルター等
灰をこぼさない為の工夫
 パイプ喫煙を楽しんでいて唯一困るのが、くわえたまま下を向くと床や机の上に灰がこぼれる事です。会社の男子トイレの床に毎日のように灰がこぼれているので、トイレ内での喫煙禁止令が出ました。暫くはトイレ喫煙を我慢していましたが、灰さえこぼさなければ良いと気付きました。ポーランド製の蓋が付いたパイプを使うか、付け外しできる蓋が柘製作所から出ています。蓋だけだとすぐに紛失しますので、写真のような工夫をしました。合成ゴムのOリングに銅線を取付けて、もう一方に蓋を取付けました。喫い終わったら簡単に外せますので、新しいパイプに取り付けます。
蓋付パイプ

ga

 

メニューへ

Home 開催日 掲示板 E-mail