酵母・乳酸菌液の
補充方法図解

液が減った時に短時間で
再醗酵させる方法

ホームページTOPへ

玄米ベース乳
酸菌液の作り方
野草ベース酵母・
乳酸菌液の作り方
減った液の
補充方法
キクイモと
豆乳ヨーグルト

準備するもの各種
 減った液を補充する方法は、自分で1から作ったものも、出来合いの乳酸菌液を購入したものも、作業は同じです。

必用なもの
 黒砂糖、 天然塩、オリゴ糖、ベースになる野草・野菜・果物・
穀類、計量カップ、計量スプーン、ジョウゴ、菜箸、ペットボトル
を立てるベース、水。補充の度に投入していた野草が増え過
ぎた時は、同じ本数の新しいペットボトルを用意します。

蓬とノビル
身近な場所で摘める野草の他に、近くのスーパーで購入できる野菜や果物や穀類もベースとして使用できます。勿論玄米、押し麦もOKです。
黒砂糖、塩、オリゴ糖
酵母や乳酸菌の餌になる黒砂糖、塩、オリゴ糖は、手に入るものなら何でも使えます。ご自身が納得出来るものを使うのがベストです。

じょうご、軽量カップ、軽量スプーン、菜箸
ジョウゴは穴が大きくなるように短くカットすると、黒砂糖が詰まる頻度を減らせます。
DVD-Rケース
2Lのペットボトルを立てるのに、CDーR、DVD−Rの50枚用ケースはぴったりです。
泡が発生
元の液が3分の一程度残っている時に、補充作業をすると確実に醗酵が進みます。但し高圧な状態でいきなりキャップを外すと噴出します。徐々に高圧のCO2を抜きましょう。
野草投入
変色した野草の嵩が低い間は、新しく摘んだ野草を継ぎ足します。増え過ぎた時は、新しいボトルに野草を入れ、古いボトルに残っている液を注ぎ入れます。

黒糖、塩、オリゴ糖
黒砂糖と塩は4〜5対1程度の比率にします。写真は15cc計量スプーン4杯の黒砂糖、5cc計量スプーン2杯の塩、5cc計量スプーン1杯のオリゴ糖を入れています。
バケツの水を入れる
水は何でも良いでしょう。但し、あまりカルキ臭の強い地域の水道水は使わない方が無難です。コンビニの天然水でOKです。9分目迄水を入れても、膨らみますので大丈夫です。
電気ひざかけマットで保温
電機アンカや電機ひざ掛け毛布による保温は必用です。保温すると冬場でも12時間程度でかなりの堅さになるまで膨れます。
電気ひざかけマットで保温
古いダウンジャケットなどを被せると温度が一定になります。膨れたら外に出して2〜3日経過すると、強く押しても凹まない堅さに膨張します。

当日用に1本残して
おくと安心

 毎日途切れずに豆乳ヨーグルトが作れるように、1本だけ補充する日をずらすという方法があります。たった1本のボトルの乳酸菌液だけでは、何かあった時に対応が出来ませんので、少なくとも2本のボトルの管理をお勧めします。
  1本を2本に増やす際も上記の方法が有効です。最初のボトルから、乳酸菌液を新しいボトルに100cc程注ぎ入れてから作業を進めます。
但し
長期間放置されて、異臭がする液は使えません
・・・1から作るか、既存の種を買い直して増やしましょう。生き物を飼育していると考える事が出来ない方には、自家製豆乳ヨーグルト作りは向いていません。

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail