絨毯スピーカー
とYoshii9の比較

ホームページTOPへ

絨毯スピーカー
BOX
絨毯サラウンド 絨毯スピーカーと
Yoshii9の比較
各種スピーカー
比較情報
バッグに収まる
絨毯スピーカー
大口径絨毯スピー
カーと製作用工具
LPレコードを洗う 音質向上の裏技 LPレコードを良い
音で再生するには

オーディオルーム俯瞰
単純に比較は出来ません
  Yoshii9に代表されるタイムドメインスピーカーの音づくりは、私達の耳に馴染んでいる一般的なハイファイサウンドとは異なります。コンサートホールに足を運んで聴くピアノやオーケストラの生音や、ライブハウスで聴くJAZZ(電気・電子楽器不使用)の生演奏を正確に再現する目的に特化したスピーカーです。絨毯(カーペット)スピーカーはそのように限定した目的では作られていません。音作りの出発点が違いますので単純に比較はできません。現在多くの人が集うコンサートの殆どは、電気・電子楽器が多用され、会場には大きなスピーカーが並んでいます。スピーカーを通さないアコースティック楽器の生音を疑似体験してみたい時は、録音状態の良いCDやLPを素直な音のプレーヤーで再生してYoshii9で聴くと良いでしょう。私自身、クラシックとJAZZを聴く時はYoshii9を使用しています。
価格
絨毯スピーカー Yoshii9
ENSOUND:オリジナル10×2
+オリジナルアンプ =113,600円他
32万4千円
スピーカー1対、専用アンプ
音質・音域
Yoshii9でカットされる、電気・電子楽器の低音も聴く事が出来ますので、音楽のジャンルを選びません。 但しクラシックやモダンジャズの再生時に、アコースティック楽器の響きが膨らみ過ぎる傾向があります。タイムドメイン以外の殆どのスピーカーに起こる現象で、アコースティック楽器の再生についてはタイムドメインスピーカーの優位性は否定できません。何でも気楽に聴きたいか、アコースティック楽器の生音を聴きたいかで評価は2分されます。 素直なプレーヤーで、録音の良い音源で設置に問題がない時に、アコースティック楽器やボーカルをリアルに再現します。不自然な音を出さない処理によって、電子楽器の低音はカットされます。又、楽器の響きが実際よりも長くならないように、独自の工夫が凝らされています。
音像の定位
録音が良い場合は、正確に位置関係を再現可能。 録音が良い場合は、正確に位置関係を再現可能。
移動・設置
軽い、左右スピーカーの間隔 で音の厚みが変わります。色々と変えて、自然に聴こえるように調整して下さい。 重い、設置方法で低音の聴こえ方が変わるので、正しい音色になるまで試行錯誤する必要があります。
自由度 (アンプ)
自由に選べます
但し、相性の良いアンプを探すのは結構難しい作業です。 ※サウンドクッションはアンプ内蔵
YA1アンプ
Yoshii9用に開発されたアンプです。小口径で高品質なスピーカーの性能を、最大限に引き出します。
自由度 (ケーブル)
自由に選択できる。但し相性が良いものを適切な長さで。各種のケーブルをテストしたところ、Yoshii9で使われているライカル線が最も良い結果になりました。 延長する時はメーカーに依頼する必要があります 。※実際はライカル線を入手して、必要最小限で延長すれば、音質が変わる事はありません。
自由度 (使用場所)
車への搭載、屋外での使用が簡単縦横、吊り下げも可能です。 車は無理、屋外は12Vバッテリーが必要。不安定な場所での設置は不可
アンプ・プレーヤーとの関係
アンプは相性がポイントです。プレーヤーは何を繋いでも、それなりの音で聴く事ができます。 アンプは専用なので問題なし。プレーヤーは素直な音のものを選ぶ必要が有ります。
CD、LP、DVD等ソフトとの関係
録音の良し悪しは出ますが、聴くのが苦痛になるような、極端に耳障りな音になる事はありません。 録音の良し悪しがモロに出ます。録音の悪い音源を聴いて酷評するマニアがいます。
外観
振動しても音が出ないものなら何を取り付けても問題ないので 好みの外観に改造が可能。部屋に置くと意外とかっこいい。 独特な形状で評価は分かれる。漆仕上げとか、ディジュリドゥに取り付けたもの等も有ります。
問題点・ 注意点
特に問題点は無く、ジャンルを問わずに聴く事が出来ます。 質感・ 高級感と言う点で、全てのユーザーが満足するかどうかは疑問です。箱鳴りが無く、床に振動を伝えませんので、音はクリアーです。 自分で楽器を演奏している人や、頻繁にクラシックのコンサートに通い、生の音を知っている人でないと、音に違和感を感じるかもしれません。
Yoshii9は良きお手本
タイムドメインのホームページ
 条件を整えた時に、Yoshii9が作り出す音はタイムドメイン理論とは何かを良く説明しています。条件とは適切に設置し、素直な音のプレーヤーで、録音の良いアコースティック音源のCD・LPを一定以上の音量で再生した場合です。過剰な機能を盛り込んだプレーヤーを繋ぐと聴くに堪えない音になる場合があります。また人工的な音が多用されている音源の場合、ラジカセ並みの音に聴こえる時があります。好んで聴く音楽のジャンルによって評価は大きく分かれると思います。    

 タイムドメインYoshii9と絨毯スピーカーの大きな違いは設置の問題です。Yoshii9は重くて、倒れやすく、倒れ方によってはスピーカーがダメージを受ける事があります。元に戻した後に、3本の尖った足を丸い皿の窪みに嵌め込むのに大変苦労します。絨毯スピーカーも倒れ易いのですが、元に戻すのは片手で出来ます。絨毯スピーカーは軽いので、移動や設置が楽です。

 Yoshii9は左右スピーカーの中心点を35〜60cm離す、絨毯スピーカーは60〜120cm離す事で良好な音空間が形成されます(当方のリスニングルームの場合) 。適正なスピーカー間隔は、部屋の構造と聴く位置によって変化します。少しずつ間隔を変えて、自分の耳で判断するしかありません。

絨毯スピーカーの特徴
 Yoshii9は金属シャフトをスピーカーに直接固定し、それをゲル状物質に浮かせて仮想グランドを作り出しています。絨毯スピーカーはスピーカーのフレームを直接絨毯に取り付けています。タイムドメイン理論の説明は以下の通りです・・・・・・従来の箱形エンクロージャーはパネルで構成されていますので箱固有の剛体振動があります。これはいくら補強しても止まりません。そこから発生する不要輻射が音を濁らせていることは先に述べた通りです・・・・絨毯が振動しても音は出ません。  

 筒状にした絨毯は横方向にはベコベコと柔軟ですが、縦方向 には意外と柔軟性がありません。巻いた絨毯の上にスピーカーを取り付けて仮想グランドを作りだしているのが絨毯スピーカーです。 更にタイムドメイン理論の説明で・・・・従来方式のボックスの中では箱内の定在波や構造体での回折や反射、吸音材の影響で汚い音が充満しています・・・・・構造から考えて絨毯スピーカーBOX内で汚い音は発生していません 。但しアコースティック楽器の響きに関しては、Yoshii9のように抑制が効いていませんので、実際よりも膨らみます。Yoshii9と同様に、スピーカーの後ろに金属シャフトを取り付けると、響き過ぎを抑える事はできるかもしれませんが、手間はかかるしYoshii9をもう1組作っても意味がありません。


ヘヴィメタを聴く時は従来のBOXスピーカー
 ステージに大型のスピーカーが沢山並んだ状態で演奏される音楽は、タイムドメインスピーカーも絨毯スピーカーも迫力不足になります。音楽は時代と共に表現手段が多様化していますので、それに合わせて再生機器も各種揃える事で対応するしかありません。無理な場合はヘッドホンで聴けば良いということです。
 私はソースに合わせてスピーカー+アンプを切り替えています、アコースティック楽器や生ボーカルを忠実な再生音で聴きたければタイムドメインスピーカー、 それ以外の殆どの楽曲は様々な口径のスピーカーを取り付けた絨毯スピーカー、へヴィメタは従来の箱型スピーカーを使用しています。

比較に使用した音の良いCD
(内容も充実しています)

Easy to Love by Roberta Gambarini
(2006)
Lost&Found by Ledisi (2007)
Asa by Asa ( 2009)
Gravity at Last by Ayo ( 2008)
Piece by Piece by Katie Melua (2006)
Red Earth by Dee Dee Bridgewater (2007)
Tide by Luciana Souza (2009)
Nina de Fuego by Buika (2008)
Raya Yarbrough by Raya Yarbrough (2008)
Youn Sun Nah Same Girl (2011)
The Orchard by Lizz Wright Same Girl (2008)
日本のシンガーで録音と内容が良いもの
UA『turbo』1999年/『空の小屋』2003年
『Nephews』2005年/『cure jazz』2006年/
『KABA』2010年
矢野顕子 『yanokami 』2007年
Art of Noiseのアルバムは目の前を音が駆け巡ります、定位や音離れの良さを確認するのに最適です。もっと過激に音が動くのはPropagandaのCDです。スピーカーの表現能力のテストにはBjorkのリミックスアルバム“Bastards”が お勧めです。定位と音離れの面白さではJimi Hendrix - Electric Lady Landが過激で 笑えます。Brian Eno The Dropは曲が進むに従って重低音になり、スピーカーの歪テストができます。

LPレコードですが、日本のもので平均して音が良いのはUA、 矢野顕子、ユーミン、中島みゆきです。海外のアーチストではBjorkが最高です。モダンジャズにも音の良いものがけっこうあります。
BABYMETAL
ファーストアルバムLP「BABYMETAL」、セカンドアルバLP 「 METAL RESISTANCE」は録音が良くて演奏も面白いです。スピーカーは箱型のDIATONE2WayスピーカーDS-25BmkIIを使っています。

島津亜矢 UA turbo
島津亜矢
Singer
UA
turbo

アイスランドの歌姫

日本ではナ・ユンソン
Bjork
Bastards
Youn Sun Nah
Same Girl
歪のテストが出来ます  METAL RESISTANCE
Brian Eno
The Drop
BABYMETAL
METAL RESISTANCE

絨毯スピーカーBOX 絨毯サラウンド 絨毯スピーカーと
Yoshii9の比較
各種スピーカー
比較情報
バッグに収まる
絨毯スピーカー
大口径絨毯
スピーカー
と製作用工具
LPレコードを洗う 音質向上の裏技 LPレコードを
良い音で
再生するには

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail