オーラコイルの応用例
改造とメンテナンス

ホームページTOPへ

オーラ
コイルとは
プラズマ工学 必要性 作り方1
作り方2 使い方 応用例 蘇生コイル

色々と工夫した画像
手首が疲れます
 植原先生の説明では、最初に2〜3時間ほど扇ぐと良いと言う事ですが 実際にやり始めるとこれは大変だとすぐに気付きます。楽な姿勢で扇いでも、30分も経つと手首と指が疲れてきて、よほどの覚悟がないと「もういいか」と言う気持ちになります。

腕をゆっくり動かすだけ
  写真のような工夫をすると腕をゆっくり動かすだけでちゃんと扇げます。 これなら、相手を治したいという気持ちがあれば2時間持続させる事は可能です。写真ではガス用のゴム管を使用していますが、入手が難しい場合は軟らかいビニールホース等身近にあるもので使えるものは色々とあります。最初に長時間扇げば身体に変化が起こるらしく、以後は10分程度で効果は持続するようです。

酸素系漂白剤で綺麗になります
 時間が経過すると銅線が黒ずみます。効果も少し低下するようです。衣類の洗濯に使う油汚れや黄ばみ除去用の酸素系漂白剤に30分 〜1時間漬けて水道で洗い流すと綺麗になります。後は太陽の下で 乾燥させると良いでしょう。液体の、手間なしブライト、パックス 酸素系 漂白剤、液体カラーブリーチ 、シャボン石けんの酸素系漂白剤等色々 あります。
四角いオーラコイル
四角いオーラコイルもあります
 丸でなければ効果が無いと言う訳ではありません。直角に交わる裸銅線の間からプラズマが発生しますので枠の形は自由です。昔この効果を農作物の育成に活用した例では、風の通り道に四角い銅の網を設置していました。天皇の食事に供される農作物を栽培する畑に立てられていたと言う説があります。
マッサージ用の治療器具に使っています
 角を身体のツボに押し当てますので、変形しないように芯にはガス溶接棒軟鋼用:直径2.0mm(アマゾンで取り寄せ可能)を使用しています。四角いオーラコイルは巻く作業が楽なので、通常よりも多くの裸銅線を短時間で巻く事ができます。勿論これで扇げばプラズマが発生します。ツボを刺激する際に動かしますので、意識して振らなくてもプラズマ効果は有ります。(SUZUKID) ガス軟鋼用 2.0φ*1m 500g:¥1,020 + \480 配送料。完成後、両面の四隅にボンドを細長く塗布する事によって、コイルがバラけるのを抑える事ができます。
117gのオーラコイル

2〜3時間扇げる工夫:其の2
 芯に使用しているのは、スズキッド(SUZUKID) ガス軟鋼用 1.6mmφ*1m 500g(35本入) RGG-07:¥1,157 と言う銅色の溶接棒です。 螺旋状の裸銅線は芯に直接巻くのではなく、先に手芸用の棒針等に巻きつけて、太目に整形したものを差し込んでいます。均等に隙間を空けて螺旋に巻いた裸銅線は40cmで、最初に5cmで直角に曲げて、10cmで3回、最後に5cmで曲げて四角い扇状に整形しました。まるでハエ叩きです。
芯に螺旋状の肌銅線取り付け
タコ糸で形を整えます
 半田付けをせず、タコ糸を使えば、何方でも簡単にペンチを使って整形できます。
タコ糸で整形する
扇面に巻いた裸銅線は100g以上です
 四角形なので巻き易く、テレビを見ながら機械的に巻いていたら、厚さ1cm、総重量117gになりました。タコ糸の上から、大麻繊維を巻きつけました。物凄く重いので、お尻の輪に薬指と小指を差し込んで扇ぎます。製作時間3時間。
厚さ1cm
最初に戻る 蘇生コイル