オーラコイルの応用例
改造とメンテナンス

ホームページTOPへ

オーラ
コイルとは
プラズマ工学 必要性
作り方1 作り方2 使い方
応用例
改造編
自動蘇生コイル
の使い方
蘇生コイル
安全運転の必需品・・・ 人生後半に殺人者とならない為に
※充電式自動蘇生コイルの作り方

しなる工夫をしたオーラコイル
手首が疲れます
 植原先生の説明では、最初に2〜3時間ほど扇ぐと良いと言う事ですが 実際にやり始めるとこれは大変だとすぐに気付きます。楽な姿勢で扇いでも、30分も経つと手首と指が疲れてきて、よほどの覚悟がないと「もういいか」と言う気持ちになります。

腕をゆっくり動かすだけ
  写真のような工夫をすると腕をゆっくり動かすだけで扇げます。 これなら、相手を治したいという気持ちがあれば2時間持続させる事は可能です。写真ではガス用のゴム管を使用していますが、入手が難しい場合は軟らかいビニールホース等身近にあるもので使えるものは色々とあります。最初に長時間扇げば身体に変化が起こるらしく、以後は10分程度で効果は持続するようです。

複数取り付けたオーラコイル
 このオーラコイルで、何人かが生命の危機を脱しました。
巴形に3個付いたオーラコイル
四角いオーラコイル
  製作が楽で、ツボの刺激に最適なオーラコイルです。
四角いオーラコイル
扇面は酸素系漂白剤で綺麗になります
 時間が経過すると銅線が黒ずみます。効果も少し低下するようです。衣類の洗濯に使う油汚れや黄ばみ除去用の酸素系漂白剤を濃い目に入れた溶液に1〜3時間浸けてから、水道水で洗い流すと綺麗になります。後は太陽の下で 乾燥させると良いでしょう。液体の手間なしブライト、パックス酸素系漂白剤、液体カラーブリーチ 、シャボン石けんの酸素系漂白剤等色々 あります。

振らなくてもプラズマが発生します・・自動蘇生コイル
  扇がれる方は寝ているだけですが、扇ぐ方は大変です。自分にとってよほど大切な相手でないかぎり途中で嫌になり、こんなものが本当に効くのだろうかと疑心暗鬼に陥ります。私自身、2時間扇いだのは娘と妻にだけです。あかの他人だったら、よほど親しい友人でも30分が限度です。これはスイッチを入れるだけで何時間でもプラズマが発生します。300Wのセラミックファンヒーターに取り付けています。家庭用100V電源で稼働(50/60HZ共用)、温風・冷風切り替え式。
プラズマ発生器
使ってみたい方はご自身で製作されるか、蘇生コイルを製造販売している荒谷生命科学研究所に注文できます。蘇生コイルのページをご覧ください。

充電式自動蘇生コイル
  電源の無い場所で使用できます。風量は切り替え可能で、プラズマ発生用には弱で十分です。5200mAhのバッテリーが付いた製品は、一回の充電で8時間以上稼働します。バッテリー部分はスマホの充電器にもなります。充電式の場合は、取り付けるオーラコイルは分厚く巻き過ぎないようにします。弱風で細く切ったティッシュペーパーが微かに動く程度が良いでしょう。
充電式プラズマ発生器

充電式小型扇風機は様々なタイプのものが有ります。
 バッテリー容量は様々で、大きさも形状も様々です。ご自身の使用目的に合ったものを選びましょう。オーラコイルは全てのタイプの小型扇風機に装着可能です。
様々なタイプの充電式自動蘇生コイル
最初に戻る プラズマ発生器