オーラコイルの作り方1

ホームページTOPへ

オーラ
コイルとは
プラズマ工学 必要性 作り方1
作り方2 使い方 応用例 蘇生コイル

作り方図解1

材料は殆どネット通販もしくは
ホームセンターで入手できます

 裸銅線、枠用0.5〜0.9mmφ及び 芯用裸銅線1.2mmφ前後 は ホームセンターに置いています。大体10m巻きです。  棒針(編み棒)がホームセンターに無い場合は手芸店で入手で きます。  太さが4mm位の金属やプラスチックの棒が有れば棒針の代わりに なります。  柄の棒は中空の物が無ければラワンやラミンの丸棒で握りや すい太さの物に芯用裸銅線の足を差し込む穴をあけて、凧糸で 足全体を固定すれば簡単に取り付ける事が出来ます。竹筒の 場合は穴を開けるだけでOKです。  

扇面用の細い裸銅線
裸銅線0.1mm 1〜3kgボビン巻き: 受注生産品
1kg当たり3,000円+消費税・送料
株式会社 小柳出電気商会
〒113-0034 東京都文京区湯島1-9-6
TEL:03-5684-2151 FAX:03-5684-2150
mail:webshop@oyaide.com
http://www.oyaide.com/

 上記以外に凧糸、木工ボンドも入手しておくと、より完成度の高 い物が作れます。 道具はノコギリ、ペンチ、錐(キリ)、紙ヤスリが 必要です。
裸銅線の画像
ルンルの会員さんが植原先生
から聞いた作り方のコツ

 以前先生からオーラコイルの作り方を教わりました。隙間が見える 程度だとだめで、もっと隙間が見えなくなるくらい巻かないとだめだよ とのアドバイスがあり、一生懸命隙間が見えないように巻いて持参 すると、これはすごいねとお褒めのことばをいただいたことがあります。  理屈から考えると交互に90度にクロスするように巻くとよいのかな あと思っています。ちなみに先生からは、上下左右に区切り、真ん中 から端に向かって巻いていき、端まできたら90度折り返して真ん中 から巻きはじめて端まで巻いたらまた90度折り返し・・・・と巻いて いくとよいと教えていただいて、そのようにしています。 あとは元気になるように心を込めて巻くと良いでしょうか・・・・
最初に戻る 造り方2